ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

二郎系…!? 上石神井のカレー屋がにんにくマシマシ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

二郎系…!? 上石神井のカレー屋がにんにくマシマシ
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。7月10日(月)からの週は「バテ気味ボディーに喝入れろ!都内のにんにく大特集!」と題し、雑誌「Hanako」編集長・田島朗さんに、とっておきのお店を紹介して貰っています。最終日の7月13日(木)は上石神井にお店を構えるカレー屋「analog.」を紹介しました。

オーナーの気分でお店がオープンするという変わった店で、カレーを注文すると「にんにく入れます?」と聞かれるのだとか…。この店では刻んだ生にんにくがどっさり入った、夏バテを吹き飛ばすにんにくカレーを食べることができます。福神漬けのように、生のにんにくが盛られている御姿は圧巻!

オーナーによると、基本的には自分の気分や、そのときの野菜の仕入れ状況で、店を開けるかどうかを決めて、ツイッターで告知をしているのだそうです。

メニューの名前がユニークなのも特徴で、日本の家庭料理の味を目指した「カレージャパン」、ピリ辛具沢山の「チキンな彼へ。」、そしてオリジナル・グリーンカレー「アナログリィィィィンカレー」などを用意しています。さらに注文方法まで変わっているそう。なんとご飯と具材をグラム単位で注文可能できるのだとか。「そのとき食べたいものを食べたいだけ食べて欲しい」というオーナーの思いがあるのだそうです。ご飯は100グラムから1キロまで、場合によってはそれ以上の量もオーダー可能とのこと。

また皿の縁に3センチも盛られたにんにくは、オーナーが「ラーメン二郎」に影響を受けて始めたものだそう! 逆に、にんにく少なめに注文することも可能です。

その噂を聞きつけたカレーファンが訪れるという「analog.」。オーナーの気分と仕入れ状況次第で限定メニューも用意しているそうです。さらに「今後は、野菜マシや肉マシにも挑戦したい」と抱負を明かしていました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時―13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。