体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ファーザー・ジョン・ミスティ 初来日直前インタビュー(前編)「今のレコードっていうのはもう際限なく音がダブっててちょっとクレイジーだよね。」

ファーザー・ジョン・ミスティ 初来日直前インタビュー(前編)「今のレコードっていうのはもう際限なく音がダブっててちょっとクレイジーだよね。」

 今月末に開催されるフジロックフェスティバルが待望の初来日となるアメリカのシンガーソングタイタージョシュ・ティルマンのプロジェクト。元フリート・フォクシーズのドラマーとしても知られる彼のたぐいまれなリリックセンスに、ライブパフォーマンスはハイパワーエナジーで見るもの誰もが彼の虜になってしまう。3枚目のアルバム「Pure Comedy」とひっさげ初の来日公演となるフジロックフェスティバルを前に、ロサンゼルスの自宅にいる彼にインタビューを敢行した。

<ファーザー・ジョン・ミスティ インタビュー>

――新しいアルバム『ピュア・コメディ』ですが、トーンがとても美しいですね。そして全然飾り立ててないような音をしてる時でもフルな印象が受ける作りになっていると思います。アナログ録音したのですか? そうだとしたらアナログ録音したことがどのくらいアルバムの音に影響したと思いますか?

ジョシュ・ティルマン (以下 ジョシュ):デーモン・クルコウスキー(※)の『ニュー・アナログ』って本知ってる?すごく面白い視点で書かれた本なんだけど。

 君の質問に答えるとしたら、アナログ録音をするのは産業革命に対する反発だとか、純粋な音を欲するからとか、そういう風に考えがちでしょ?でもさ、アナログの良さっていうのはただ単にありのままを表現できるってことなんだよ。音の違いはそれほどでもないの。録音する時に同じようなアウトポートを使ってたら、本当にアナログかデジタルかの違いが分からないくらいに、その差は微々たるものがそのまま音に残るってことなんだ。曲の本質を殺してしまうくらいに編集できるような幅がほとんどないからね。一旦編集を始めたら、ハムスターがまわし車に乗ったみたいに止まらない!みたいなことがあるだろ? 最近の音楽ってみんなそういう風に作られてるしね。「間違ったら編集すればいいさ!」っていうのが合言葉になってるような感じで。

 このレコードを一緒に作ったのは素晴らしいミュージシャン達でね。すごくやる気満々だったし、僕は自分の本能とか彼らの能力を信じたかったんだ。それに究極のところ人間って、後でやり直しがきかないって知ったらすごい能力が発揮できたりするだろう? そんな感じでレコーディングしたんだよね。まあ実験的なものだったけど。僕は従来のレコーディングの仕方ももちろん好きだけど、このアルバムがもしアナログ録音じゃなかったらどう違ってたか聞かれたら、正直わからない。

 でもこのレコードに関してはちょっとホリスティックな感じにしたかったんだ。この質問するときに大抵の人は「なんでそんなに古いものが好きなの?」って先入観を持って聞いてくると思うんだ。でもね、本当にそうじゃないんだ。古いモノ 対 新しいモノの論理とかじゃなくて、「どうやってレコーディングするか?」って、単純にそういう雰囲気の中で作りたかっただけなんだ。

※アメリカで活動していたロックバンド ギャラクシー500のドラマーで、ハーバード大卒

――それは素晴らしいですね!あなたのボーカルとピアノが織りなす色調がとても美しいと思うし、褒め出したら語りつくせないくらいに素晴らしいレコードだと思います。

ジョシュ:ありがとう!それも気をつけたことの一つなんだ。音調が自分の意図しているものかどうかを、時間をかけてゆっくり確かめながらレコーディングしたんだ。美しいピアノの音色と美しいドラムの音を録音したのに、その後しょぼいものが入ったら台無しだからね。

 僕は特にドラムのスネアの音とピアノの音がすごく気に入ってたんだけど、音が少なければ少ないほどそこにあるものが明確に聴こえる、というのがこのレコードの意図してるところでもあるんだ。そしてそれは自然と詞のテーマにも当てはまって行った。今僕らが聞いてるピアノの音は100年前の音と同じで、そこから100年経ってもまた同じように聴こえるだろうってね。
音楽を時を経た会話の比喩だと考えるなら、ピアノみたいにこれ以上は単純化出来ないようなものもあるし、そういうのが面白いと思う。ピアノがこれから先この世の中からなくなるっていうこともありえないしね。

――あなたの曲のピアノの使われ方は、60年代の古き良き時代を彷彿とさせます。「ピュアコメディ」の製作にあたって、サウンド面で特に影響を受けた音楽などありますか?

ジョシュ:レコーディング後のプレイバックを聴いてる時に、意識したわけじゃないんだけど手拍子とかドラムやピアノの音とかニール・ヤングの「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」っぽいなぁって。あとはボウイの「ハンキー・ドリー」とか、キンクスの「ローラ対パワーマン、マネーゴーラウンド組第一回戦」とかね。あの辺の本当に美しくて音がシンプルで、かつ生命力に溢れた普遍的なアルバムのような物を作ったっていう感触はあったよ。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。