ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

林明日香、「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」大人限定試写会で生歌サプライズ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

林 明日香が7月12日、東京イイノホールで行われた「大人限定試写会」にて上映後にサプライズ登壇し、2003年公開の同シリーズ6作目「劇場版ポケットモンスター AG 七夜の願い星 ジラーチ」の主題歌「小さきもの」を歌唱した。
7月12日@東京イイノホール (okmusic UP's)

林 明日香は前出の2003年公開の同シリーズ6作目「劇場版ポケットモンスター AG 七夜の願い星 ジラーチ」の主題歌「小さきもの」を若干14歳で歌い、圧巻の歌唱力とダイナミックな表現力で話題となったフィメールシンガー。これには会場に集まった「大人」たちも自分が「子供」だったころを思い出し、大興奮。中には涙する方も。その当時14歳だった林 明日香も今は28歳。ポケモンと共に「大人」になり、今年再び主題歌を務めることとなった。ちなみにポケモン映画で2度主題歌を務めるのは林 明日香が初めて。

林 明日香が歌唱する7月15日公開の「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」のエンディング主題歌「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」は連日話題になっており、映画完成披露試写会でエンディング主題歌と歌手が発表されると、およそ一時間たらずで「オラシオン」というワードがTwitterトレンド、Yahooトレンド1位を獲得するほどの大反響。又、「オラシオン」を先行ダウンロードスタートした日が七夜にかけた七夕だったこともバズを大きく拡げるネタとなった。更に歌ネットで公開された、Aqua Timezの太志(ルビ:ふとし)が書き下ろした歌詞も、デイリーランキング・注目度ランキングで1位を獲得。と配信前にも関わらずの三冠獲得!更にYouTubeで公開された試聴動画も、7月2日から12日までで60万回再生を突破するなど、各方面からの反響が止まらない。

そんな彼女の10年ぶりとなる新曲「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」は、同シリーズ10作目となった映画「劇場版ポケットモンスター DP ディアルガVSパルキアVSダークライ」(2007年公開)の劇中で重要な役割を持った、宮崎慎二作曲のインストゥルメンタルの楽曲、「オラシオンのテーマ」をもとに制作された。

新たな要素として書き下ろされた歌詞はAqua Timezのボーカル、太志(ふとし)の手によるもの。追加されたメロディの作曲と編曲は本間昭光が手掛けている。「オラシオンのテーマ」の壮大なイメージと感動をそのままに、今作「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」で描かれるサトシとピカチュウが本当のパートナーになるまでのストーリー、仲間との絆や冒険というテーマのもと、その歴史の中から様々な要素が集結し、再構築して生まれ変わったものが、この「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」である。

今回は、そんな経緯を持つ「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」の歴史をたっぷり味わえるよう、宮崎慎二「オラシオン」と林 明日香「小さきもの」を合わせてパック配信することが決定している。「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」の公開日の7月15日(土)に、各音楽配信サイトで配信スタート。iTunesではプリオーダーもスタートしている。プリオーダーをすると、原曲となった「オラシオン」をフルで先行ダウンロードできる上、プリオーダー画面を特設ページより送ると抽選で30名に林 明日香のサイン入りチェキが当たる施策も行われる。

■林 明日香 公式サイト

http://www.asuca.jp/

■「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」公式サイト

http://www.pokemon-movie.jp/
「オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜」他 パック配信
2017年7月15日(土)発売

01.オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜 / 林 明日香

02.小さきもの (Single Mix) / 林 明日香

03.オラシオン / 宮崎慎二

04.オラシオンのテーマ 〜共に歩こう〜(Off Vocal Ver.) / 林 明日香

価格:1曲各¥250 4曲まとめて¥800

■配信サイトへ

https://erj.lnk.to/cdukJWN
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。