ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

トラウマ絵本「たべてあげる」作者の最新作がトラウマ!?「いちにちじごく」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

絵本「たべてあげる」はトラウマ級に怖いとTwitter、ネット上で話題になりました。それから数か月。今では書店の絵本コーナーで平済みになるほどに…。出版されたのは2011年11月。ほぼ6年越しのヒットでございます。

 

おそるべしSNS、おそるべし口コミでございます。さらに!昨今、絵本が大人にも注目されるようになったのもヒットの要因かと…。大人絵本マニアの小生としてはうれしい限りでございます。たべてあげる
amazon.co.jpより

 

そんななか、「たべてあげる」の作者(文を担当)の新刊が先日出版されました。これがまた、くせものでございます。

 

その前に、作者の「ふくべあきひろ」様のプロフィールをご紹介。

 

ふくべ様は、1976年生まれ。コピーライター。京都大学卒業後、広告代理店の博報堂に入社。テレビCMなどを手がける。…そう、一流広告会社で仕事をされている傍ら、絵本作家としても活動されているのでございます。

 

なので、コンセプトもマーケティングもしっかりしているのでございます。大人に人気があるのもそのせいかと…。

 

そんなふくべ様の新作がこちら。

 いちにちじごく (PHPにこにこえほん)
amazon.co.jpより

「いちにちじごく」(作:ふくべ あきひろ 絵:かわしまななえ)

 

大人にも人気のナンセンス絵本の「いちにち」シリーズの第8弾でございます。ちなみに、これまでの作品は「いちにちのりもの」「いちにちぶんぼうぐ」「いちにちこんちゅう」など。わかりやすく言うと「一日警察署長」の絵本版でございます。例えば、「いちにちぶんぼうぐ」では、ある日は「したじき」に、ある日は「ホッチキス」にと主人公の少年が変身して、その気持ちを体験するというシュールでユーモアたっぷりなナンセンス絵本でございます。

 

そんな最新作のテーマが「じごく」でございます。さすがのマーケティング力でございます。トラウマ絵本ブームにのって、いちにちシリーズに、“じごく投入!”でございます。“地獄”と言えば、数年前、「地獄」という絵本が大ヒットした実績もございます。余談ですが当時、「東京タラレバ娘」の東村アキコ様も絶賛されておりました。

 

今回の作品も、その“地獄”を彷彿させます。針地獄、火あぶり、舌抜き、…地獄に落ちたものが受ける様々な罰が登場します。それを次々に幼気な少年が体験していきます。例えば、ウソをつくと「いちにちしたぬきじごく」、弱い子をいじめたら「いちにちはりやまじごく」。

 

ただし、「地獄」と違い、こちらの作品は怖い中にもユーモアがたっぷり盛り込まれております。絵が笑えます!いい味出しております!そこがシュールだったりします!例えば、動物をいじめたら「いちにちうんこじごく」のような地獄も用意されております。

 

こちらの「いちにちじごく」、やってはいけないことを子供に教えるためにも使えますが、是非、「たべてあげる」同様、大人に楽しんで頂きたいナンセンス系絵本でございます。

(文:N田N昌)

 

関連記事リンク(外部サイト)

「くまのがっこう」がロングセラー絵本になった理由
絵本デビューしたい大人のための「雨を楽しむ大人絵本」
意味不明のメンバーによる怪しいトークライブ「旅と妖怪002」27日開催
今読むべき!憲法と選挙、民主主義について学べる2冊の大人絵本
女優・満島ひかりの絵本に対する熱がすごい理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。