体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この夏カップルで行きたい【京都】人気デートスポット20選!定番から穴場まで

この夏カップルで行きたい【京都】人気デートスポット20選!定番から穴場まで 夏デート

日本の夏がやってきた!「デートに誘いたいけど、暑いところはちょっと…」

夏に困るのがデートスポットですよね。

最新アートから誰もが知っている芸術作品まで出会えるアートスポットや、

京都の歴史を体験できる博物館、駅チカの都市型アクアリウムなど・・・1日たっぷり楽しめますよ♪

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※メイン写真はイメージです

市内中心地(河原町・祗園・東山)エリア

京都国際マンガミュージアム

京都国際マンガミュージアム

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000178143/photo/

国内初のマンガ文化の総合的拠点として、2006年11月に開館した京都国際マンガミュージアムには、現代の国内マンガ本を中心に、明治期以降のマンガ関連歴史資料、世界各国の著名マンガ本、雑誌、アニメーション関連資料等を世界最大規模の約30万点(2008年現在)収蔵しています。 そのうち約25万点の資料については、資料保存という見地から閉架式となっています。これらのうち整理・目録化作業が完了した資料については、研究等の目的で資料の閲覧を希望される場合に、研究閲覧登録をすることで研究閲覧室にて閲覧することができます。

マンガミュージアムが所蔵するマンガ資料のうち、1970年代から現在(2005年)まで発行されたものを中心とするマンガ単行本約5万冊が、館内の壁中に広がる全長140メートルの「マンガの壁」に配架されています。「マンガの壁」を構成しているマンガ単行本のほとんどは、2005年まで約20年間営業されていた貸本屋「大久保ネギシ書店」よりご寄贈いただいたものです。どなたでも手にとって読んでいただけますので、どの作品を読むべきか、大いに悩んでください!

\口コミ ピックアップ/

本当に沢山のマンガが置いて有るので、読みたい本が目白押しです。

ただ読む椅子が少ないので、読む場所の確保はそれなりに大変です。

天気が良ければ屋外の元校庭部分の芝生にゴロゴロして本を読んだりも出来ます。

(行った時期:2017年4月)

元小学校の校舎を利用したマンガ博物館、新旧の漫画は勿論、海外のマンガや翻訳された日本のマンガを取り揃えギネス級だと思います。天気の良い日に外の芝生の上での読書は格別です。オススメは元校長室です。本当に何処でも閲覧可能のフリーダムな博物館ですね。

(行った時期:2016年6月) 京都国際マンガミュージアム

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会