ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】GLAYの新AL『SUMMERDELICS』が暫定1位、平井堅とBOYFRIENDが続く

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【先ヨミ】GLAYの新AL『SUMMERDELICS』が暫定1位、平井堅とBOYFRIENDが続く

 今週のCDアルバム売上レポートから、2017年7月10日~7月12日までの集計が明らかとなり、GLAY『SUMMERDELICS』が38,950枚売り上げて首位に立っている。

 『SUMMERDELICS』は、GLAY通算14枚目のアルバムであり、ドラマ『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の主題歌「the other end of the globe」や【Red Bull Air Race Chiba 2017】大会テーマソング「XYZ」など最新のタイアップ曲などを含む全14曲収録。現在セールスは2位と約15,000枚差で4万枚目前となっており、週間結果でどこまでセールスを伸ばすのかに注目したい。

 続く2位は、平井堅の約12年ぶりとなるベストアルバム『Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』。歴代のヒット曲から、近年の話題を呼んだヒットソングの数々まで収録されたボリュームのある収録内容で、3形態でリリースされている。売り上げは現在23,785枚だが、今後もセールス・チャートの上位に入ってくる可能性が予想される。そして、3位~5位までは5,000枚以内の小差なので、ここから順位を変動させることは十分にあり得るだろう。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2017年7月10日~7月12日までの集計)
1位『SUMMERDELICS』GLAY 38,950枚
2位『Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』平井堅 23,785枚
3位『Summer』BOYFRIEND 19,661枚
4位『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』スピッツ 16,119枚
5位『Familia』sumika 12,338枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

関連記事リンク(外部サイト)

【先ヨミ】KinKi Kids、20周年イヤー第3弾SG『The Red Light』が13万枚超のセールスで首位 KinKi Kids
GiGSにてHISASHI(GLAY)全41ページ巻頭特集 スペシャルステッカー付
平井堅【Ken’s Bar】浴衣姿で熱唱! 西野カナ/Perfume/ジャスティン・ビーバーのカヴァーも

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。