ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ファンをザワつかせたクリス・エヴァンスの愛犬に関するツイートがこちら・・・

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ファンをザワつかせたクリス・エヴァンスの愛犬に関するツイートがこちら・・・

クリス・エヴァンスは7月8日、ある写真をツイートしたところ、多くの(数千はいるようだ)人々に愛犬ドジャーが亡くなったと誤解させてしまった。

Really missing this guy right now. pic.twitter.com/fWNviX6CrH
– Chris Evans (@ChrisEvans) 2017年7月8日

こいつのことが、すごく恋しいよ。

To be clear, he’s alive and well, just thousands of miles away for the next couple months.
– Chris Evans (@ChrisEvans) 2017年7月8日

誤解のないように言うと、ドジャーは生きているし元気だよ。ただこれから数ヶ月、離ればなれにならなきゃいけないんだ。

Fuck dude I was like crying.
– Seth Rogen (@Sethrogen) 2017年7月8日

「クソ! 泣くところだったぜ」

この投稿は大きな反響を呼び、セス・ローゲンの「クソ! 泣くところだったぜ」というリプライには8万を超える「いいね」がついた。以下は、ファンからの反応の一部だ。

CHRIS YOU MUST SPECIFY WHY HE’S MISSED NEXT TIME MY GOODNESS
– WeRateDogs™ (@dog_rates) 2017年7月8日

クリス、次は恋しい理由も説明するべきよ

*aggressively wipes away tears* No, yeah, I knew that.
– Alex Goldschmidt (@alexandergold) 2017年7月8日

(乱暴に涙を拭って)いや、分かってたよ。

ツイートによると、「ただこれから数ヶ月、離ればなれにならなきゃいけないんだ。」とのことだったが、どうやらクリスとドジャーは、南アフリカで行われる『Red Sea Diving Resort(原題)』の撮影で、しばらくの間離ればなれになるだけのことだったようだ。

#ChrisEvans filming #RedSeaDivingResort
July 1, 2017 (South Africa) pic.twitter.com/XMjvq1sNwl
– Cris Lara (@Lara_Cris_) 2017年7月1日

『Red Sea Diving Resort』撮影中のクリス・エヴァンス

クリス・エヴァンスは、キャプテン・アメリカ役を務める『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(原題)(2018年4月27日に日本公開予定)をアトランタで撮影中だが、大作の撮影が忙しくないときは、小規模な映画に好んで出演している。最近は、『Gifted』(原題)の撮影を楽しんでおり、その撮影の時に彼はドジャーを引き取ったのである。彼は芸能誌『People』に次のように話している。

「僕らが撮影した最後のシーンの1つは動物の収容所だった。僕は何の気なしに中に入ってこう考えた。『この子たちは俳優犬? それとも本当に里親を待っているのか?』とね。もちろん、本当に里親を待っていたんだよ。通路を歩いてみると、この子がいた。周りと馴染んでなかった。それで引き取ったのさ。いい子だよ。1歳くらいだそうで、子犬らしく元気いっぱいなんだ。本当にかわいくて、いい男の子だ。この子は犬が好きだし、子供が好きだし、愛にあふれてる。この子と遊ぶのは運動になるし、ヘトヘトになる。何にでも向かって行くんだ。犬は、すばらしい動物だね。語りつくせない。異常なほど犬のことが好きだよ。ドジャーは僕の枕で寝るし、起きると目の前にいるよ」

■参照リンク
http://www.moviefone.com

関連記事リンク(外部サイト)

ファンをザワつかせたクリス・エヴァンスの愛犬に関するツイートがこちら・・・

ダニエル・クレイグ、『007』シリーズ最新作『Bond 25』でジェームズ・ボンド役を続投!

米ペンシルベニア州でアヒルが「逮捕」される!?

世界で最も外国からの観光客が多い国はどの国?

ジェレミー・レナーが撮影中に両腕を骨折・・・『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』には影響なし

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。