体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを!【旅の裏技】

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを!【旅の裏技】

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを
「UberEATS(ユーバーイーツ)」は人気レストランの料理をデリバリー(配達)してくれるサービス。現在、全世界で展開が広がっていっています。日本では現在は東京の一部のエリアで利用できます。

普通のデリバリーと何が違うのかというと、デリバリー専門店ではなく、街中にあるレストランのメニューをおうちなどで食べられるということでしょうか。配達エリア内であれば、「食べてみたかったレストラン」のメニューを、行かずともいただくことができるんです。

UberEATSの使い方は簡単。アプリやサイトからレストランとメニューを選んだら、注文するだけ! 注文金額の下限もないので、いつでも食べたい時に注文ができます。配達手数料が380円かかりますが、お店までいく交通費や時間を考えたら、安いですよね。

今回は、アプリを使ってUberEATSで料理を注文してみたので、使い方を簡単に紹介します。

スイスの朝ごはんを注文して、旅行気分!

まずは、UberEATSのアプリをインストールして、起動します。

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを
初めて使う場合は、自分の家の情報などを事前に登録をしてください。登録が終わると、初期画面には自宅から一番近いエリアのお店のリストが出てきます。

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを
お届け先の変更も可能です。画面の上の「速やかにお届け」の横のデフォルトのお届け先の住所を押すと、詳細画面が出て、「現在地」など選択することができます。

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを
今回は、青山にある世界の朝ごはんを提供してくれる「ワールド ブレックファースト オールデイ(http://www.world-breakfast-allday.com/)」さんの料理を注文してみました。

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを
注文できるメニューの中から、好きなものを選びます。売り切れの場合は「売り切れ」の表示があります。

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを
メニューを選ぶと、詳細が出てきます。

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを
今回は、6月限定の「スイスの朝ごはん」を選んでみました。1セットで1,620円です。選択したら、「カートに1つ入れる」のボタンを押します。

「UberEATS」で世界の朝ごはんを注文して旅行気分のブランチを
カートに入れると、配達予定時間が表示されます。この時は、「25分-35分」と表示されました。混雑しているランチ時や、天気によって時間がかかる場合もあります。あくまで目安です。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会