ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

クエンティン・タランティーノ、マンソン・ファミリー殺人事件に関する映画を開発中

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

クエンティン・タランティーノが次に手掛ける映画は、史上最も悪名高い殺人事件の1つだ。

タランティーノが既に脚本を書き上げ、監督する次回作は、マンソン・ファミリー殺人事件に焦点を当てたものになると、複数の情報筋が本誌ヴァラエティに語った。

プロジェクトに近い関係者によると、出演者はまだ決まっていないが、タランティーノはAリストのタレントを想定している。マーゴット・ロビーとジェニファー・ローレンスがシャロン・テート役の候補に、ブラッド・ピットがファミリーを告発した弁護士のヴィンセント・バグリオシ役の候補になっているようだ。

悲劇は1969年の8月8日に起きた。無職の受刑者にして没落したミュージシャンであり、カルトのリーダーだったチャールズ・マンソンが、彼のフォロワーのグループに、ロサンゼルスのベネディクト・キャニオンにある家の訪問者を攻撃するよう命じる。フォロワーらは、当時妊娠8か月だった女優のシャロン・テートを含め、家にいた全員を残酷に殺害した。

映画が事件のどこに焦点を当てるかはまだ分からない。事件を歴史的に描き直すのか、またはこの犯罪が異なり絡み合う複数のストーリーの背景として用いられるのかなど、明らかになっていない。

労働の日(9月の第1月曜日)の前までには、全容が見えてくるだろう。

情報筋は、ハーヴェイとボブ・ワインスタインが本作にかかわっていると明かしたが、タランティーノは出演者を集めることを第一に望んでいるため、ワインスタイン・カンパニーが本作を配給するかどうかまでは明らかになっていない。

本作は監督にとって9本目の長編映画となる。タランティーノは最近、西部劇映画『ヘイトフル・エイト』を監督した。サミュエル・L・ジャクソンとカート・ラッセルが出演し、米国内で興収5400万ドルを稼いだ。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。