ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アンダー100万円どころか「アンダー50万円」の旧型BMW 1シリーズって正直どうなんだ?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
▲一部の年式&グレードは「車両価格50万円以下」という超お手頃プライスでも狙えてしまう旧型BMW 1シリーズ。お安いのは結構だが、実際買うとなるとどうなのか? いろいろ検討してみましょう

▲一部の年式&グレードは「車両価格50万円以下」という超お手頃プライスでも狙えてしまう旧型BMW 1シリーズ。お安いのは結構だが、実際買うとなるとどうなのか? いろいろ検討してみましょう

確かに価格は魅力的だが、いくつかの問題点も?

「人生には上り坂、下り坂、そして“まさか”という3つの坂があります」というのは昭和の結婚披露宴における定番おやじスピーチだが、輸入中古車の世界でも希に「まさか」という車種(商品)が登場する。

例えば、それは旧型BMW 1シリーズだ。

旧型1シリーズの中古車相場が今やけっこうお安いことは、車好きならよくご存じだろう。そして車にさほど詳しくない人も、なんとなく「まぁそんな高い車ではないのだろうな」ぐらいの認識はあるはずだ。

しかし安いといってもコレ、「実は車両価格50万円以下でも狙えてしまうんですよ」と聞かされたら「まさか!」と驚く人はそれなりに多いのではないだろうか?

そう、旧型(初代)BMW 1シリーズは今や車両価格50万円以下のメチャ安時代に突入しているのである。それもオンボロ系の物件ではなく、走行4万km台までのまずまず悪くない条件の中古車が、である。

これはもう「お手頃予算でちょっとしたヨーロッパ車を買ってみたい」と考えていた人は猛烈に注目するしかない事態と思われる。しかしながら当然、物事すべて光があれば影もあるように、車両価格50万円以下の旧型BMW 1シリーズにもいくつかの検討すべき課題はある。

そこんとこって正直どうなのか? 次章にて一つずつ検討していこう。

▲旧型BMW 1シリーズは04年10月に登場したいわゆるCセグメント(フォルクスワーゲン ゴルフぐらいのクラス)に属するプレミアムコンパクト。同セグメントでは唯一となるFRレイアウト採用モデルだ

▲旧型BMW 1シリーズは04年10月に登場したいわゆるCセグメント(フォルクスワーゲン ゴルフぐらいのクラス)に属するプレミアムコンパクト。同セグメントでは唯一となるFRレイアウト採用モデルだ

▲基本となるグレードは1.6L直4エンジンを搭載する116iと、2L直4搭載の118iおよび120i。その他、最高出力265psの3L直6を搭載する130iも途中から追加されている

▲基本となるグレードは1.6L直4エンジンを搭載する116iと、2L直4搭載の118iおよび120i。その他、最高出力265psの3L直6を搭載する130iも途中から追加されている

やや非力な116iでもOKとするかどうか?

検討課題その1は「車両50万円以下で狙える比較的低走行な旧型BMW 1シリーズは、そのほとんどが116iである」ということだ。

前章の写真説明文で述べたとおり、旧型1シリーズの主なグレードは116i/118i/120iの3種類に分けられるが(その他、強力な3L直6を積む130iもありますけど)、そのなかの最もベーシックな1.6L直4エンジンを積む116iが、この価格帯での主たるターゲットとなるわけだ。

で、ぶっちゃけこの116iはやや非力である。

▲写真は116iではなく08年以降の120iだが、1.6L自然吸気の116iは決して「速い!」という類の車ではない

▲写真は116iではなく08年以降の120iだが、1.6L自然吸気の116iは決して「速い!」という類の車ではない

もちろん走るのに難儀するほど非力というわけでは決してないが、1370kgの車両重量に対して最高出力115ps(※10年5月からは122ps)なので、まぁお世辞にも速い車とは言い難い。

それゆえ高速道路での長距離移動が多い人や、その際に流れをリードしないと気が済まないタイプの人には、旧型116iは正直向かないだろう。

しかし、世の中というのは長距離移動やハイスピード巡航をしている人ばかりで成り立っているわけでなく、むしろ「割と近場の移動が多い」「速度は割とのんびりさんです」という人もいる。ていうか最近は世の中の傾向として「あんまり飛ばす気はない」という人の方が多いかもしれない。

もしもあなたがそんな人――つまり長距離移動が多いわけではなく、常にぶっ飛ばしたいという欲求が希薄な人であるならば、基本的には旧型BMW 116iでも特に問題は感じないはずだ。せいぜい高速道路の長~い上り坂を巡航する際に「もうちょっとだけパワーとトルクがあればいいんだけどなぁ……」と感じるぐらいだろう。

いくばくかの「整備貯金」は用意しておくべき?

第2の検討課題は「さすがにちょっと古い車であるという点をどう考えるか?」だ。

車両価格50万円以下で狙える走行4万km台までの旧型BMW 1シリーズの年式は、主に04~08年式。約10年から13年落ちとなるだけに、「機械としてどうなのか?」という不安と、「ビジュアル的にどうなんだ?」という疑問はどうしたってあるわけだ。

まず前者の「機械としてどうなんだ?」だが、車というのはちゃんと整備さえしておけば、10年やそこらの歳月で朽ち果てるものでもない。だがそれは「ちゃんと整備しておけば」の話で、放置プレイ気味だった10年落ち以上車は、当然ながらリスクが高まる。

となれば我々にできるのは、「なるべく最近まで定期的なメンテナンスを、しかるべき工場で受けていた116iを探す」ということだ。整備記録簿や、(もしもあれば)随時行った整備の明細書などを頼りに、極力「ちゃんとケアされてたっぽい116i」を見つけ出す。そうすれば、さほどのドツボにはハマらずに済む場合が多いだろう。

とはいえ相手は中古車であり、なおかつ何かと部品代が高いドイツ車なので、「ある程度のメンテナンス貯金」は用意しておくべきだろう。5万円とか10万円ぐらいだろうか? それが用意できない場合は、残念だが地味な国産コンパクトカーの中古車を選んだ方が無難なはずだ。

▲ちなみにこちらの写真は初期モデル(04~07年式)のインパネまわり(※本国仕様)

▲ちなみにこちらの写真は初期モデル(04~07年式)のインパネまわり(※本国仕様)

▲で、こちらが08年式以降のインパネまわり。同じく本国仕様で、こちらのトランスミッションはAT

▲で、こちらが08年式以降のインパネまわり。同じく本国仕様で、こちらのトランスミッションはAT

そして「ビジュアル的にどうなんだ?」という問題については……これはもう主観の問題なので、ここでは何とも言い難い。ただ個人的な見解では、旧型BMW 1シリーズというのはちゃんと洗車とワックスがけ(またはコーティング)さえしておけば、今なおなかなか個性的でステキな、決して古びては見えないビジュアルなのではないかと思っている。

ということでアンダー50万円級の旧型BMW 1シリーズ、手頃でナイスな何かを探していた人は、ぜひ一度ご検討を!車両価格50万円以下、走行5万km以下の旧型BMW 1シリーズをチェックしてみる▼検索条件BMW 1シリーズ(初代)×50万円以下×走行距離5万km以下×修復歴ナシtext/伊達軍曹

photo/BMW

関連記事リンク(外部サイト)

車両価格50万円以下、走行5万km以下の旧型BMW 1シリーズをチェックしてみる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
日刊カーセンサーの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。