ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハンディキャップを持つ人をLINE Beaconとchatbotでサポートする“アンドハンド”に男泣き[PR]

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「LINE BOT AWARDS」グランプリのアンドハンドチームに突撃取材!

※本企画はLINE株式会社の提供でお送りします。




「大日本印刷」「東京メトロ」「LINE」と連携して事業化へ


CodeIQ馬場です(略してババQとか、BBQ)。

前回の「LINE BOT AWARDSの立役者たちに男泣き!若狭氏編」が大変好評だったので、今回は若狭氏をナビゲーターに、「LINE BOT AWARDS」のグランプリを獲得したアンドハンドに突撃し、男泣きしてきました。

アンドハンドは「大日本印刷」「東京メトロ」「LINE」と連携し事業化を進め、最初のステップとして2017年内に「実証実験」を実施することが6月17日に発表されました。グランプリを獲った後も、開発を進めていく姿勢は素晴らしいですね!
参考URL:事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2017」

アンドハンドのホームページでは、メンバーが出演するスマート・マタニティマーク ムービーも公開されています。

アンドハンドが身体・精神的な不安や困難を抱えた人と手助けをしたい人のサポートとして活躍する日が来るのが楽しみです。

アンドハンドの詳しい情報は、ホームページやFacebookページで詳しくお知らせしていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
アンドハンド:ホームページ
アンドハンド:Facebookページ

若狭氏がペシャペシャ語る男泣きシリーズは、まだまだ続きます。次回もお楽しみに~!

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。