体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「Humble Trove」で、ここでしか遊べないゲームを堪能しよう!

インディゲームファンは、まだ自分の知らないゲームを探すことに躍起だ。もぐらゲームスという名の由来のように、掘って掘って宝石を見つけるのが楽しくて仕方がない。それがインディゲームファンの一つの側面である。幸い、そんな探求心を満足させるだけの膨大な数の作品が、現在様々な形で配信されている。

しかし、ゲームの配信が終了したり一度きりの配信だったりで、もう二度と手に入らない作品もまた存在する。ハードで流通しない、デジタル配信ゆえの壁である。
 
image3
 
「Humble Original」もまた、そうした二度と手に入らないはずの作品群だ。同シリーズはゲームバンドルサイト「Humble Bundle」の定期購入バンドル「Humble Monthly」に毎月入っているオマケのようなものだ。加入者だけが遊べるプレミアムなゲームというのを売りにしているシリーズだ。(中には発売前の特別配信や後に一般販売されたものもある)

同シリーズでは、名だたるディベロッパーが開発した作品や新興のディベロッパーによる意欲作といった、探求心をくすぐる作品が配信されてきた。正直、二度と手に入らないのが惜しいものばかりだった。

それが先月、「Humble Monthly」加入者ならいつでも「Humble Original」作品をダウンロードできるサービス「Humble Trove」が開始された。いくつか抜けはあるものの、手に入らなかった作品を今からでも遊べるようになったのだ。

「Humble Trove」スタートから半月たち、先日最初のタイトル追加もなされた。そこで今回は「Humble Trove」で配信されている、ここでしか遊べないゲームを数点紹介しよう。

『Cat Girl Without Salad: Amuse-Bouche』

image6
 
『Shantae』シリーズや『Mighty Switch Force!』で知られるアメリカのディベロッパー「WayForward」が手掛けた横スクロールSTG。本作はもともとは同ディベロッパーが2013年にエイプリルフールジョークとして発表したフェイクニュースだった。パズル、アクション、STG、ADV、ストラテジー、格闘、リズムゲーム、アーケード、ホラー、RPG、TPS、RTS、そしてビジュアルノベル。そのすべての要素を持ったゲームという、エイプリルフールらしいジョークであった。

それを本当に開発してしまったのが『Cat Girl Without Salad: Amuse-Bouche』だ。スペースバウンティハンターであるケバコを操り、スペース指名手配犯を捕まえに行くストーリーで、ディベロッパーの持ち味であるかわいらしいデザインが目を引く。
 
image5
 
本作の特徴は何と言ってもアップグレードだ。様々なゲームの要素を組み合わせたというコンセプト通り、アイテムをゲットするとショットが様々なゲームジャンルにちなんだものへと変化する。パズルガンはショットが某バブル系パズルのものになり、同じ色を3つくっつけると大爆発が起こる。RPGガンは攻撃方法がコマンド入力に変わる。ダンスガンは流れてくるノーツに合わせてタイミングよくボタンを押すと強力なショットがでる。といった具合だ。

強引なミックスでシューティングの体を保っていない節もあるが、そもそもジョークなのだから笑って楽しむのがいいだろう。

『Keyboard Sports – the final tribute』

image7
 
『Keyboard Sports – the final tribute』はデンマークのインディディベロッパー「Triband」が開発したアクションゲームだ。「Triband」は小さなディベロッパーで、ほとんど無名のチームだ。だが、本作の出来を見るにそれは非常に惜しい。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会