体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 4】「専業主婦」への幻想を捨て去れ!

【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 4】「専業主婦」への幻想を捨て去れ!【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 4】「専業主婦」への幻想を捨て去れ!【新連載:山崎元の男と女の婚活経済学 4】「専業主婦」への幻想を捨て去れ!

年収条件の背景に「専業主婦」

女性が、自分の結婚相手となる男性に対して求める条件の中に、第一番目ではないとしても、かなり上位に「年収」が来る場合が多い。相手に求める年収は、女性がどのような家で育ち、学歴や職業にあるか、といったファクターで異なるが、「庶民レベル」でよく聞く数字を敢えて言ってみると、「年収600万円」くらいが基準になることが多い。

しかし、民間給与実態統計(平成26年分)を見ると、結婚適齢期ど真ん中ないしやや上の30〜34歳の男性の勤労者の年収は、大凡450万円近辺にある。「年収600万円」はなかなか高い壁であり、この条件を出す女性は、勤労者男性の半分以上を年収で「足切り」していると言える。

では、なぜ「年収600万円」なのかというと、どうやら、夫にこれくらい以上の収入があれば、妻が専業主婦として家に居て、専ら子育てに専念するような生活が可能だろうと考えるからのようだ。

そして、この年収水準を「それほど贅沢なものだとは思っていない」らしい。現在の結婚適齢期独身者の親世代では、父が稼ぎ、母は家庭にいる、という家庭像が普通だったのかも知れないが、今は、かつての「普通」は、案外手に入れにくいものになった。はっきり言って、今や、専業主婦は贅沢品だ。

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170707173308j:plain

もちろん、結婚市場にあって競争力の強い女性が、高年収であり、他の面でも魅力的な男性と結婚することに何ら問題はない。しかし、「普通の女性」にとって、相手の年収や専業主婦生活へのこだわりを理由に、世の半分以上の男性を切り捨ててしまうのは「もったいない!」のではないか。

専業主婦生活にこだわるばかりに、人物的に素晴らしい相手をみすみす見逃している可能性が大いにあるように思われる。

結婚の前提としての「専業主婦」に対するこだわりを捨てよう、というのが本稿の主旨だ。

男性側から見た「専業主婦」

では、女性の側で、専業主婦生活に対するこだわりを捨てたとしよう。しかし、独身男性の側では、少し大袈裟に書くと、「専業主婦の妻を養う経済力がない自分は、十分な甲斐性が無いので、結婚する資格がない」という感じの「気後れの心理を抱く」場合が少なくない。

人間のオスは、実は、自分に自信を持てない場合には、ひどく消極的で傷つきやすい生き物なのだ。例えば、自分が結婚したいと思った相手から、「甲斐性」を理由に拒否された場合に、ほとんど立ち直れないくらいに自尊心が傷つくかも知れない。そうした事態を怖れて、彼らは、結婚に対して積極的になれない。

かくして、こうした「普通の経済力と敏感な心」を持つ男性は、結婚市場に十分身を晒すことなく、月日を重ねて老いて行く。残念なことではないか。

もちろん、男性の側にも、自分自身に豊かな経済力があって、妻には専業主婦として自分を支えて欲しいと思っている人もいる。こうした人の中には、妻が外で働くと、世間から自分に甲斐性がないと思われるので嫌だと思うことさえある。あるいは、妻は夫のサポートに徹するのが良く、自分はそれに値する男なのだという自負を持っていたりもする(何れも、時代的には、「三周回遅れ」くらいの古い感覚だが)。

こうした、精神的に「不必要にマッチョ」な男性は、放って置いていいような気もするが、筆者としては、こうした男性達も含めて、「専業主婦はいいものだ」という幻想を捨てる方がいいとお勧めしたいと思っている。

1 2次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。