ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

液体金属を用いた新素材!フレキシブル&自己修復する体熱発電素材がスゴそう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
このところ、たくさんのウェアラブルデバイスが登場しているが、作動にはどうしても電力が必要になる。電池を搭載する方法だと、デバイス自体が大きくなってしまったり、安全性の問題が気になってくる。

人の体温を熱源にする熱電発電はとても利便性が高いのだが、どうしても形状がゴツくなったり、硬さがあるため、ウェアラブルとして肌や身体への適合性、装着感がよくないものが多かった。

・液体金属を用いた新素材

そこで、Mehmet Ozturk氏を中心とするノースカロライナ州立大学のチームが開発しているのが、液体金属で構成される、よりフレキシブルで効率性があり、自己修復機能まで保有する新素材である。

・電気抵抗が非常に低い

チームではとにかくフレキシブル性のある熱電デバイスの開発を追求。結局見出したのが無毒、安全性の高い“ガリウム”と“インジウム”を合成した素材。この合金は“EGaln”と呼ばれ、非常に低い電気抵抗なのが大きな特徴。電気抵抗が低ければ低いほど、反比例して発電効果が向上するため、まさにうってつけの金属なのだ。

・自己修復機能も

また、この液体金属には自己修復機能があり、もしつながりが途切れてしまったとしても、自動的に再接続する働きがあり、デバイスを再びうまく働くようにしてくれるというからスゴイ。固体物質では自己修復は難しい。

チームではこの技術を特許申請しており、今後は発電効率を阻害する箇所の検出にあたり、効率アップを図っていくとのこと。

自己発電&自己修復機能をもち、かつ安全性が高く、フレキシブル性もあるこの新素材は、ウェアラブルデバイスの未来を拓いてくれるかもしれない。

North Carolina State University

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。