体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NYの壁がフォトジェニック。危険なギャングの街がクールになった

ニューヨークのギャングたちが住むカオスなエリア、「ブッシュウィック」。

その殺伐とした雰囲気は、いつ銃撃が起こっても不思議じゃないムード。たとえ昼間でも、チキンな私はとても立ち寄れません。

でも、そんな危険なエリアが、急に人の集まるおしゃれな街になるミラクルが起こりました。

その背景にあるのがアート。街の景観をがらっと変えるグラフィティ・アートが、街の吸引力を生み出しています。

NYでいちばんクールな街。ブッシュウィックのパワーの源はアート

20170712_art01.jpg

最近、日本でニューヨーク特集が組まれると名前が出てくることが多くなった「ブッシュウィック」。じつはちょっと前までは治安が悪く、ひとりでなんて、とても歩けないような場所でした。

でも、地価の高騰にともなって、アーティストたちがソーホー → チェルシー → ウィリアムズバーグへと流れていき、いまではブッシュウィックがアーティストの住むおしゃれな街として注目を浴びています。

このエリアの活気を体現しているのが街中に散らばるグラフィティ・アート。

無償でウォールを提供しアートをサポートするプロジェクト「ブッシュウィック・コレクティブ」も功を奏し、世界中からアーティストが押し寄せています。

思わずインスタにあげたくなる。フォトジェニックな作品たち

20170712_art02.jpg20170712_art03.jpg20170712_art04.jpg

鉄条網がものものしい、倉庫街の長い壁。

緊張感を感じるほど果てしなく続く壁ですが、アートにとってはこの上ないキャンパスです。

20170712_art05.jpg20170712_art06.jpg

リアリティあふれる美しいアート。壁一面に描かれた絵画の迫力は、一見の価値あり。

20170712_art07.jpg

壁の隅に描かれた、ユーモアを感じる作品。なんだか心が暖かくなります。

20170712_art08.jpg
1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会