ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

自動運転型専用バンによる配送サービスの実証テストが英国で初めて実施

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
英国のネット専業スーパー「Ocado」は、自動運転技術の研究開発を専門とするスタートアップ企業「Oxbotica」と提携し、2017年6月、英国で初めて、自動運転型電気自動車による配送サービスの実証テストを実施。

2週間にわたるこの実証テストでは、デンマークGaria社の小型電気自動車「Utility City」に「Oxbotica」の自律制御システム「Selenium」を搭載した自動運転型の専用バン「CargoPod」が、ロンドン南東部グリニッジ地区の100世帯以上に荷物を届けた。

・GPSに依存しない、独自の自律制御システムを開発

8つの小型コンテナが荷台に装着された「CargoPod」は、最大128キログラムまでの荷物を運搬し、一回の充電で30キロメートルまで走行可能。

「CargoPod」が配送先に近づくと、その旨が顧客に通知され、顧客は、自宅前などに停車中の「CargoPod」で指定された番号のコンテナを開き、荷物を受け取る仕組みだ。

また、「CargoPod」は、「Oxbotica」が独自に開発した自律制御システム「Selenium」により、GPSに依存せず、リアルタイムで正確なナビゲーションを実行できるのが特徴。

車体の前後にはカメラが搭載されているほか、反射光により対象の距離や方向などを測定する「ライダー(LIDAR)」が左右のサイドミラーの上に装着され、他の自動車や街灯など、周囲のあらゆる障害物を検知できるようになっている。

・2019年までの実用化を目指す

自動運転車による配送サービスの実用化には、技術面や法律面など、様々な課題をクリアする必要があるが、「Ocado」と「Oxbotica」では、2019年までに、「CargoPod」による配送サービスを正式に導入したい考えだ。

Oxbotica

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。