体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イタリアンな黄金の塩ラーメンを自宅で食べてみた

イタリアンな黄金の塩ラーメンを自宅で食べてみた f:id:Meshi2_IB:20170704104118j:plain

学生の頃ヨーロッパにバックパックで放浪旅行に行き、イギリス、フランス、スペイン、ドイツをめぐりましたが、肝心のイタリアには行かなかった新人作家大谷です。

ヨーロッパを放浪するとき、2カ月ぐらいノープランで行きましたが、たまに日本食が食べたくなり、ラーメンやカレーを求めて日本人が経営している小料理屋さんやラーメン屋さんに向かったものです。

どうして現地のご飯を食べないのかって?

やはりすごく日本の味が恋しくなるんです。もう、日本製のカップラーメンでも大喜びで食べたものです。たまにスーパーに置いてあったんですよね。日清のカップ麺。

ヨーロッパでも日本料理を取り入れているお店がたくさんあり、日本の食材を全面的に打ち出しているお店もありました。

看板にでかでかと「MADE IN JAPAN WASABI」と書かれているお店には、需要あるのか? と思いましたが、行列ができているのを見ると地元の人に人気があったようです。

ヨーロッパで日本食文化が取り入れられるように、日本でも海外食の文化が取り入れられています。イタリアンやフレンチ、中華などさまざまな海外食文化が取り入れられ、日本独自の料理を開発することも……。オムライスなどがいい例ですね。

中華発祥のラーメンなんかは、日本の国民食と言われるまで発展し、さらにいろいろな文化を取り入れられ進化を続けています。

そして見事にラーメンとイタリアンを融合させ、ミシュランガイド東京にビブグルマンに選ばれたお店が、東京・市ヶ谷にあるラーメン店「ドゥエ イタリアン」です。

イタリアン一筋25年の店主が、ラーメンの伝道師 故・佐野実氏との出会いによってらぁ麺シェフとして生まれ変わり、「らぁ麺の新しい形」をコンセプトにイタリアンの知識や経験を軸にさまざまな新感覚らぁ麺を開発し続けています。

イタリアンとラーメン? どういうこと?

実は、「ドゥエ イタリアン」の人気メニュー「らぁ麺フロマージュ」がお取り寄せできるんです。

ミシュランでも選ばれた新感覚らぁ麺とは何ぞや? と早速お取り寄せしてみました!!

f:id:Meshi2_IB:20170628113402j:plain

「ドゥエ イタリアン」の「らぁ麺フロマージュ」を取り扱っているのは、人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ通販できる「宅麺.com」というサイト。

取り扱い商品はすべて店舗で実際に出されている商品。お店の味を楽しめるように、なんとお店で作ったスープを濃縮せずそのまま冷凍保存しています!

麺も具材もお店と同じものが送られて、まさにお店で出来立てのラーメンを自宅で味わえるんだとか。送られてくる「らぁ麺フロマージュ」は1食 961円。基本送料853円(北海道には+540円、沖縄には+1,080円追加あり)の他に、注文数ごとに1食あたり97円の追加送料がかかりますが、遠くのお店に食べに行く交通費よりは断然安いですね!

f:id:Meshi2_IB:20170628115142j:plain

届いた「らぁ麺フロマージュ」の食材は、冷凍されたスープに……

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。