ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

イタリアンな黄金の塩ラーメンを自宅で食べてみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
イタリアンな黄金の塩ラーメンを自宅で食べてみた f:id:Meshi2_IB:20170704104118j:plain

学生の頃ヨーロッパにバックパックで放浪旅行に行き、イギリス、フランス、スペイン、ドイツをめぐりましたが、肝心のイタリアには行かなかった新人作家大谷です。

ヨーロッパを放浪するとき、2カ月ぐらいノープランで行きましたが、たまに日本食が食べたくなり、ラーメンやカレーを求めて日本人が経営している小料理屋さんやラーメン屋さんに向かったものです。

どうして現地のご飯を食べないのかって?

やはりすごく日本の味が恋しくなるんです。もう、日本製のカップラーメンでも大喜びで食べたものです。たまにスーパーに置いてあったんですよね。日清のカップ麺。

ヨーロッパでも日本料理を取り入れているお店がたくさんあり、日本の食材を全面的に打ち出しているお店もありました。

看板にでかでかと「MADE IN JAPAN WASABI」と書かれているお店には、需要あるのか? と思いましたが、行列ができているのを見ると地元の人に人気があったようです。

ヨーロッパで日本食文化が取り入れられるように、日本でも海外食の文化が取り入れられています。イタリアンやフレンチ、中華などさまざまな海外食文化が取り入れられ、日本独自の料理を開発することも……。オムライスなどがいい例ですね。

中華発祥のラーメンなんかは、日本の国民食と言われるまで発展し、さらにいろいろな文化を取り入れられ進化を続けています。

そして見事にラーメンとイタリアンを融合させ、ミシュランガイド東京にビブグルマンに選ばれたお店が、東京・市ヶ谷にあるラーメン店「ドゥエ イタリアン」です。

イタリアン一筋25年の店主が、ラーメンの伝道師 故・佐野実氏との出会いによってらぁ麺シェフとして生まれ変わり、「らぁ麺の新しい形」をコンセプトにイタリアンの知識や経験を軸にさまざまな新感覚らぁ麺を開発し続けています。

イタリアンとラーメン? どういうこと?

実は、「ドゥエ イタリアン」の人気メニュー「らぁ麺フロマージュ」がお取り寄せできるんです。

ミシュランでも選ばれた新感覚らぁ麺とは何ぞや? と早速お取り寄せしてみました!!

f:id:Meshi2_IB:20170628113402j:plain

「ドゥエ イタリアン」の「らぁ麺フロマージュ」を取り扱っているのは、人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ通販できる「宅麺.com」というサイト。

取り扱い商品はすべて店舗で実際に出されている商品。お店の味を楽しめるように、なんとお店で作ったスープを濃縮せずそのまま冷凍保存しています!

麺も具材もお店と同じものが送られて、まさにお店で出来立てのラーメンを自宅で味わえるんだとか。送られてくる「らぁ麺フロマージュ」は1食 961円。基本送料853円(北海道には+540円、沖縄には+1,080円追加あり)の他に、注文数ごとに1食あたり97円の追加送料がかかりますが、遠くのお店に食べに行く交通費よりは断然安いですね!

f:id:Meshi2_IB:20170628115142j:plain

届いた「らぁ麺フロマージュ」の食材は、冷凍されたスープに……

f:id:Meshi2_IB:20170628115343j:plain

ゴルゴンゾーラチーズ入り「特製チーズ」!!

ん? チーズ? ラーメンにチーズとは?

f:id:uchitomi:20170402190050j:plain

麺! 細麺です!!

食材は以上! なんとシンプル!!

f:id:uchitomi:20170402190107j:plain

同梱された資料に作り方が丁寧に説明されています。

f:id:Meshi2_IB:20170628115624j:plain f:id:Meshi2_IB:20170628115717j:plain

おすすめトッピングや店長のおすすめの食べ方なども載っており、自分でもラーメンを作れる自信がわいてきます。

では、早速作ってみたいと思います。

f:id:Meshi2_IB:20170628115831j:plain

まずは冷凍したスープを大き目な鍋で15分湯煎します。

f:id:Meshi2_IB:20170628115913j:plain

その間にトッピングの準備。今回はネギだけを用意しました。

f:id:Meshi2_IB:20170628120116j:plain

いい頃合いになったら、麺をゆでます。

f:id:uchitomi:20170402190243j:plain

温まったスープを丼ぶりにあけて……、

ゆで上がった麺を湯切りして投入。

f:id:Meshi2_IB:20170628121812j:plain

仕上げにあらかじめ解凍しておいたチーズとネギを麺の上にのせて完成です。

これが「ドゥエ イタリアン」の「らぁ麺フロマージュ」……。

まさかのチーズをのせるという新感覚。スープは塩と鶏系の芳醇な香りが漂います。

そして透き通った黄金色のスープ。もう、うまそう……。

f:id:Meshi2_IB:20170704104118j:plain

まずはチーズを絡めずに一口。

嗚呼、うまい。洗練されたスープのうま味がすっと喉を通ります。

麺はモチモチで、口当たりがやさしくずっとかんでいたい……。

普通に塩ラーメンとして完成度が高いんですけど……。

チーズと共に食べるとどうなるの?

f:id:Meshi2_IB:20170704171157j:plain

チーズと絡めていただいてみます。

ゴルゴンゾーラチーズの独特の香りが、鼻までぶわっと充満します。

麺と絡むとまた絶妙!!

ふわっとしたまろやかな味に仕上がり、濃くなり過ぎず美味です。

うわあインスタに載せたくなるやつだこれ……。

f:id:Meshi2_IB:20170628122433j:plain

さらに、食べ終わった後に、チーズと混ざったスープにご飯を加えると即席リゾットに!

これもまたうまい。とにかく優しくするっと行けます。

確かにイタリアンと融合している……。

正直、イタリアンによりすぎて、スープパスタ的な感じなのではないかと思いましたが……全然違います。

これはまさしくラーメンです!

そのままでもおいしいし、チーズと絡めてもおいしいし、リゾットにしてもおいしいし、どの食べ方を主にするか、すごく悩みます。

これだけ食べ方に悩むラーメンは初めて出会いました。

チーズとラーメンて合うんだあって単純な感想ではなく、「ドゥエ イタリアン」だからこそ、チーズとラーメンを組み合わせることが出来ていると感じ取れます。

見たことのない組み合わせの食事をしたときに、不思議な味だなあという感想が出るときがありますが、「らぁ麺フロマージュ」は、ラーメンとしてものすごくおいしいです!

皆さんも極上の一杯を自宅で食べてみてはいかがですか? お店にアクセスしやすい方は、ぜひ実店舗でも食べてみてください。

お店情報

ドゥエ イタリアン

住所:東京都千代田区九段南4-5-11 富士ビル1階

電話番号:03-3221-6970

営業時間:月曜日~金曜日 11:00~16:00 17:00~22:00、土曜日 11:00~22:00、日曜日 11:00~21:00

定休日:無休

ウェブサイト:宅麺.COM

※この記事は2017年4月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:うちとみ運輸

うちとみ運輸

放送作家、構成作家が所属するエンタメ集団。お笑いライブ、テレビ制作、舞台演出、Web記事制作などを主に活動を行う謎の集団。現在、月刊誌や広報誌、WEBなど各媒体で執筆中。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【メシのはてな】蕎麦研究家に聞く、なぜ蕎麦屋さんにはカツ丼があるの?
【遅夜めし】これなら10分でできる!「氷入りツナキムチうどん」【今週は冷たい麺】
【豚骨ラーメン】噂の「トッピングかけ放題」でごっつい肉盛ラーメン作ってみた【食べ放題】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。