体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冒険好きなフォトグラファーが「もっと早く行けば良かった」と、西表島

冒険好きなフォトグラファーが「もっと早く行けば良かった」と、西表島

古来にはマラリアが猛威を振るい、琉球王朝時代には何度も移民に失敗。食すれば死を招く植物も多く存在する。亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。

島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で、そこにある。

たとえば、島の横断は冒険ビギナーにうってつけだし、大学の冒険部にとっての西表島はいわば登竜門とも言える。今回はネイチャーフォトグラファー柏倉陽介氏と共に周るツアーを通し、イージーに、でも十分な満足感がある「写真欲を満たす旅」に出かけてみよう。

どこまで行っても
マングローブに囲まれる

冒険好きなフォトグラファーが「もっと早く行けば良かった」と、西表島 西表島は日本で唯一、7種のマングローブが生息する土地だ。湿地に根をはりこむ姿は、ファンタジーの「トレント」。走り出しそうな異形の者がならぶマングローブの森は、おいしく凶暴なヤシガ二の生息地でもある。冒険好きなフォトグラファーが「もっと早く行けば良かった」と、西表島

マングローブは海に面した湿地に生息する木。だから、その美しい姿を撮影するには、干潟を延々と歩く必要がある。水面の美しさは、西表島の特徴だ。

マングローブがきれいに映り込む海面を楽しみたい。冒険好きなフォトグラファーが「もっと早く行けば良かった」と、西表島 呼吸のための根を出しながら生きるマングローブの森は、この呼吸根のおかげでいろんな動物・植物が生息する複雑な生態系…ざっくり言うと、ジャングルになる。冒険好きなフォトグラファーが「もっと早く行けば良かった」と、西表島

ゆえに、その実態は「人を寄せ付けない迷いの森」だ。

柏倉氏のネイチャーフォトツアーでも、幾度となくマングローブの鬱蒼とした森に足を踏み入れる機会がある。そのたびに、さらにさらに奥へ行きたくなる欲をかき立てられる。

でも、ツアーではほんのその入り口まで。さらに秘境へ行きたければ、アドベンチャーの経験値が必要だ。

美しい
テクスチャが誘う

冒険好きなフォトグラファーが「もっと早く行けば良かった」と、西表島冒険好きなフォトグラファーが「もっと早く行けば良かった」と、西表島

湿地帯がほとんどを占める西表島は、緑に恵まれ、水面に様々な模様が映し出される。ダイナミックな滝や、ジャングルもいいけれど、マクロの世界が写真好きを誘う。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。