体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

婚活は「鼻毛」である。なぜなら他人には見られたくないものだから・・ by ナナムラナナコ

婚活は「鼻毛」である。なぜなら他人には見られたくないものだから・・ by ナナムラナナコ f:id:zexyenmusubi_honnest:20170705210254j:plain

「婚活している姿って隠したいもの。でもふとした瞬間にあいつは、現れる」

ホンネストをご覧のみなさん、こんにちは。

ブログ「婚活オトコ百科」の管理人、炎の婚活師ナナムラナナコです。今回お声がけいただいてこのような連載を始められることなりました!ありがたやありがたや。

さて、簡単に私の自己紹介をしておこう。

私はこれまで長い間、婚活や恋活をしてきた。

合コンに行ったりパーティーに行ったりアプリをやってみたり。紹介も街コンも神頼みもスピリチュアル体験も一通りやってきた(最後の2つどうした・・)

しかし残念ながら努力は実っておらず、いまだに独身である。

その失敗の数は、藤井聡太四段が先日までに打ち立てた連勝記録の”数倍”にのぼる。残念ながら藤井四段の連勝記録はストップしてしまったが、ナナムラ四段は依然連敗記録更新中。まだまだ更新する可能性が高い。

さらに恋愛で悩んだ年数は藤井聡太四段の年齢をゆうに超え、いつになったら素敵な男性に王手をかけることができるのか。いやむしろ飛車角を取られてどうすりゃいいんだもう歩しかないぞって感じである(意味不明)

・・何が言いたいかというと、連敗を続けているうちに私は婚活に相当詳しくなってしまい、婚活師となってしまった。そんな私が記事を連載させていただく。

ホンネストさんでは「婚活と◯◯」というテーマで毎回我々の心を躍らせ悩ませるKONKATSUについて熱く語ろうと思う。

なお、私の話は「アホ9割9分」のため恋や結婚の助けにはならないということを最初に申し上げておこう(ホンネストさんすみません!アタイ、バカなことしか言えません!)。

婚活で疲れた心の一服の清涼剤としてお楽しみいただければ幸いである。

「婚活と鼻毛」は切っても切り離せない関係

今回は「婚活と鼻毛」について。

いきなりそんなマニアックな話すんなや!と思ったお嬢さん、甘い甘い。

婚活は「鼻毛」である、と最初に述べたが、婚活と鼻毛は切っても切り離せない関係だ。

そもそも婚活において「鼻毛」というのは一発で相手への恋慕を消してしまうジョーカー的な存在である。将棋で言えば「飛車」いや「竜」と言っても差し支えなかろう(いつまで将棋ネタを引っ張るのか・・)

先日も私のブログ宛におたよりをくれた女性で「デートしていたら相手の鼻毛が出ていて一発で冷めてしまった。相手のアラが気になってしまい男性となかなか良い仲になれず悩んでいる」という方がいた。

しかし、この悩みは珍しいものでも面白いものでもない。ベテラン婚活師の皆さんはご存知の通り、婚活をしていると結構な割合で鼻毛の出ている男性と出会うことができる。

パーティーでお見合い回転寿司をしてみれば、50人に2人くらいは鼻から毛が顔を出して仲間になりたそうにこちらを見ている。

婚活パーティーでイケメンを見つけるよりも、終電前にコリドー街をうろついているナンパ野郎の中から誠実な男性を見つけるよりも、はるかに“奴ら”を発見することのほうが容易。

慣れてくると

「あ、3本」

「あ、なぜか縮れてる」

てな具合に毛のコンディションをはかることすら可能になってくる。

鼻毛だけでない。「うっ!気になる」というポイントを見つけてしまうことは良くある。

例えば、汗かきすぎとか、すきっ歯とか、目やについてるとか、ほくろ毛とか、唇ガサガサとか、なんだそのイボ!とか、タバコの匂いがするとか、眉毛が異常に細いとか、変なパーマかけてるとか、昔開けたピアス穴(大きめ)がまだ残っているとか・・気になるポイントを挙げればきりがない。

「あばたもえくぼ」とは良く言ったもので、相手を好きになれば何であろうと気にならないのは事実。

しかし好きになる前に「気になるポイント」を発見してしまった場合、それをチャームポイントと思い込むのは難しい。

1 2 3次のページ
ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。