体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この夏カップルで行きたい【関西】人気デートスポット30選!定番から穴場まで

この夏カップルで行きたい【関西】人気デートスポット30選!定番から穴場まで 夏デート

夏がやってきた!

「デートに誘いたいけど、暑いところはちょっと…」夏に困るのがデートスポットですよね。

そこで今回は、関西エリアで1日中楽しめるおでかけデートスポットをご紹介!

涼しい室内のスポットを中心に、カップルにおすすめなスポットをピックアップしました。

世界最大級の水族館のほか、目移りするほどの店舗数を誇るショッピングパーク、

個性的な展示物を集めたミュージアムなど・・・1日まるごと楽しめますよ♪

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※メイン写真はイメージです

大阪エリア

海遊館

海遊館

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27107cc3320040646/photo/

太平洋を取り囲む自然環境を再現した世界最大級の水族館。飼育展示されている生き物の数は620種、30,000点にのぼる。同館で1番の人気者・ジンベエザメなどが悠々と泳ぐ巨大な水槽「太平洋」をはじめ、熱帯魚が泳ぐトンネル型の水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」、ペンギンたちのいる「南極大陸」など、趣向さまざまな水槽が魅力。海遊館の建物全体で『環太平洋生命帯』を表現しているといい、見学者はいったん8階まで上がった後、スロープを下りながら、10の地域に生きるさまざまな魚たちや海の表情を間近に見ることができる。2013年3月に増設した「新・体感エリア」人気。再入館手続きをすれば、当日なら何度でも入館可能。夜5時以降に入場すれば、魚たちの夜の生態も垣間見える。

\口コミ ピックアップ/

常設展示だけでも他の追随を許さないレベルで見所がたくさんあります。特に、様々な角度から見ることの出来るジンベエザメは、どれだけ見ていても飽きません。巨大な水槽でゆったり泳ぐジンベエザメは必見です。

(行った時期:2017年5月)

海遊館へは、いつも電車で行きます。海遊館の中に入ると大きな水槽があり、そこには大きなジンベエザメから小さなお魚までたくさんの魚が優雅に泳いでいます。時間帯によっては、ジンベエのご飯タイムがあり見てると楽しいです。大きなお口をあけて立ち泳ぎしますよ!

ちょっと疲れたりしても、水槽の周囲にソファー椅子が設置してあり、座ってゆっくりとお魚を眺められるのも嬉しいです。

ニモで有名な隠れクマノミも可愛くて沢山いるので、ぜひみてください。

お子さんから大人まで楽しめますよ!

デートにもいいと思います!!

(行った時期:2015年11月3日) 海遊館

住所/大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

「海遊館」の詳細はこちら

ユニバーサル・シティウォーク大阪TM

ユニバーサル・シティウォーク大阪TM

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000171326/photo/

ユニバーサル・シティウォーク大阪TMはユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)に隣接するエンターテイメント型商業施設。ハリウッドテイストあふれる街並みに、本場の味にこだわったワールドグルメや、アメリカンテイストなファッション、雑貨が揃ったショップ等、58店舗が軒を連ねて来る人々を楽しませる。

\口コミ ピックアップ/

4階にあるたこ焼きミュージアムがオススメです。何店舗か行って味を比べて楽しむことができるのは、大阪ならではだと思います!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。