ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ビルボード】セカオワ、登場から3週目にして遂にアニメチャート首位 夏休みの注目映画は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】セカオワ、登場から3週目にして遂にアニメチャート首位 夏休みの注目映画は?

 今週の“JAPAN Hot Animation”は、映画『メアリと魔女の花』主題歌であるSEKAI NO OWARI「RAIN」が他を圧倒するポイント数で首位に立った。

 先週まで2位に留まっていた「RAIN」は、CDリリース後初の集計となる今回、セールス、ルックアップ、ラジオ、ダウンロード、ストリーミングで断トツ1位、Twitterでも2位を獲得しており、先週まで接戦を見せていた米津玄師の「ピースサイン」(TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』OP)に、総合で約3倍ものポイント差をつけている。7月8日に公開された映画も興行通信社によるとオープニング2日間で動員32万4000人を記録しており、今後映画と楽曲の人気が歩調を合わせて伸びていけば、RADWIMPSの「前前前世」のようにチャートを長期で賑わせる可能性もあるだろう。また、「ピースサイン」も総合で2位にダウンしたものの、当週も多指標でバランスよくポイントを積み立てているため、来週以降もこの2曲の動向をチェックしていきたい。

 そして、冨樫義博原作の人気アニメ『HUNTER×HUNTER』で使用された曲が、週刊少年ジャンプにて原作の連載が再開され、単行本も発売されたことの影響があってか、TOP20に6曲チャート・イン。また、TBS系『マツコの知らない世界』で“アニソンの集大成”と評されたLinked Horizon「紅蓮の弓矢」(TVアニメ『進撃の巨人』OP)が、ツアー・スタートの反響も相まってかTOP10に返り咲いた。

 7月15日に公開を控えるディズニー/ピクサーの最新作映画『カーズ/クロスロード』の日本版エンド・ソングとして奥田民生が書き下ろした「エンジン」が、CDリリースに先駆けてダウンロードやラジオのポイントで20位にチャート・イン。これから夏休みシーズンということもあり、どのような映画の楽曲がアニメ・チャートに入ってくるかにも注目したいところだ。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「RAIN」SEKAI NO OWARI
2位「ピースサイン」米津玄師
3位「Sakura Message」IDOLiSH7
4位「departure!」小野正利
5位「負けない愛が拳にある」立花響(CV:悠木碧)
6位「前前前世」RADWIMPS
7位「Hegemony of the Food Chain」平野義久
8位「Landing action Yeah!!」Aqours
9位「Re:birth day」Roselia
10位「紅蓮の弓矢」Linked Horizon

関連記事リンク(外部サイト)

2017/07/17付 Billboard JAPAN Hot Animation
【ビルボード】米津玄師「ピースサイン」とセカオワ「RAIN」がアニメチャートTOP2で大接戦
【ビルボード】米津玄師「ピースサイン」がアニメチャート堂々の首位、セカオワは初登場3位でヒットの兆し

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。