ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ビルボード】第156回直木賞と2017年本屋大賞のダブル受賞『蜜蜂と遠雷』、コンクール演奏のピアノ楽曲全集が1位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】第156回直木賞と2017年本屋大賞のダブル受賞『蜜蜂と遠雷』、コンクール演奏のピアノ楽曲全集が1位

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤]』が先週より1ランクアップし首位を獲得した。さらに3位にも、コンピ・アルバム『蜜蜂と遠雷 音楽集』が7週連続でのチャート・インを記録。第156回直木賞と2017年本屋大賞のダブル受賞となり、大きな話題となっている小説『蜜蜂と遠雷』の注目度がさらに上がっていることを感じるチャート模様となった。

 2位には反田恭平の新譜『月の光~リサイタル・ピース第1集』がチャート・イン。これで3週連続のチャート・インを記録した。7月8日ミューザ川崎シンフォニーホールを皮切りに全国13か所で行われているツアーと連動したアルバムだ。7位にも『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 バガニーニの主題による狂詩曲』が同時チャート・インし、ファンの熱気が伝わってくる結果に。しばらくチャート上位を賑わせてくれそうだ。

 4位と5位には、若林暢の追悼アルバム2枚の同時チャート・イン。これで4週連続のトップ5入りとなった。今週は初めて『ブラームスVnソナタ』が『ヴァイオリン愛奏曲集』よりも上位に。全国8カ所で行われていたCDリリース記念追悼リサイタルは6月29日にファイナルとなったが、コンサート・レポートやFMヨコハマでの紹介など、引き続き各メディアにて注目を集めている。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤]』
2位『月の光~リサイタル・ピース第1集』反田恭平
3位『蜜蜂と遠雷音楽集』
4位『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』若林暢
5位『ヴァイオリン愛奏曲集』若林暢
6位『0歳からの育脳クラシック』
7位『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番バガニーニの主題による狂詩曲』反田恭平
8位『ブラームス:交響曲全集』ジョージ・セル
9位『ヴィヴァルディ:四季』I Musici
10位『チャイコフスキー&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲、他』スヴャトスラフ・リヒテル

関連記事リンク(外部サイト)

7月20日付 【Top Classical Albums】
モルゴーア・クァルテット「結成25周年記念コンサート」開催 超絶技巧が唸るプログレ・ロック
イングリッシュ・ナショナル・バレエ来日、「このバレエ団は前進あるのみ」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。