体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ACID ANDROID、2017年初ライヴとなった7/8CLUB CITTA’公演レポート

ACID ANDROID、2017年初ライヴとなった7/8CLUB CITTA’公演レポート

L’Arc-en-Ciel yukihiroのソロプロジェクト ACID ANDROID。7月8日、神奈川・CLUB CITTA’にて2017年初ライヴを開催した。

<ライヴレポート>
yukihiroのソロ・プロジェクト、ACID ANDROIDのライヴ【ACID ANDROID LIVE 2017 #1】を見た。昨年結成15周年を迎えたACID ANDROIDの、2017年初ライヴである。ギターはTHE NOVEMBERSの小林祐介、ドラムは山口大吾(People In The Box)。

ライヴは2006年発売のセカンド・アルバム「purification」収録の「daze」からスタートした。重低音の鳴りが凄い。2階席にいてもなお、全身がビリビリと震えるような振動が全身をマッサージする。

白いヒラヒラとした衣装に身を包んだyukihiroはハンドマイクを掴み、小刻みにカラダを揺らしながら、エレガントにリズムをとっていく。青白い照明に細身のシルエットが浮かび上がり、ダークでヘヴィなビートがフロアを震撼させる。

もともとACID ANDROIDのライヴはヴォーカルがオフ気味のバランスだが、この日はさらに音量が小さい。歌を歌として認識できないほどの小ささだったので最初はどうかと思ったが、ライヴが進むにつれ、声が出るようになったのかPAのバランスを調整したのか、その声がしっかりと客席にも届くようになった。すると、この日のyukihiroが、サウンド全体のアンサンブルと共に、「歌」を聴かせよう、伝えようとしていることが伝わってきたのである。

ライヴの中盤には、まだタイトルがついていない新曲が立て続けに3曲演奏されたが、いずれもハードでダンサブルというよりは、沈み込むようなダウン・ビートとディープなテクスチャー、繊細なメロディが印象的な日本語の歌ものだった。これらの楽曲は来たるニュー・アルバムに収録されるだろうから、その内容を占えるかもしれない。

コンサート中盤までは、抑制の効いたミディアム・テンポのリズムと、端正に組み上げられた重厚なアレンジの楽曲が続く。ハードでヘヴィだが荒っぽさは全然ない。緻密で端正でバランスがとれた音楽性だが、単調さや無機質な冷たさは感じない。過去の楽曲はいずれも少しずつアレンジを施され、より客席を煽り盛り上げていくというより、焦らしに焦らしてエネルギーを溜め込んでいくような構成だ。

珍しく「chill」(「purification」収録)をやって客席を湧かせ、「chaotic equal thing」をはさみ、定番曲「Let’s Dance」で、ライヴは一気にアゲアゲ・モードに突入。フロアは火がついたように一気に沸騰する。

立て続けに演奏されるアップ・テンポのダンス・ナンバーの畳みかけるような連打は、それまでが抑制された内省的とも言えるムードだっただけに、劇的だった。

ステージ真ん中の定位置からほとんど動くことのなかったyukihiroが前に出て、腰を落として最前列の客と対峙して、客席が湧く。一挙手一投足から目を離さない観客の熱心さが微笑ましい。

そして本編ラスト17曲目に、またもタイトルがついていない、この日4曲目の新曲を演奏。これもアゲアゲというよりは変則的なリズムとディープに沈み込むようなメロディが印象的な楽曲だ。

歌い終え、3人はステージから去っていく。いつもならここでライヴは終了だ。だがアンコールを求める拍手と歓声は止まない。そして客電もつかない。事前に渡されたセット・リストには記されていなかったが、これはもしかしてアンコールをやる気か?と思っていたら3人が再び登場。

もの凄い歓声の中、本編よりも少し明るくなったステージで、yukihiroが珍しく喋った。ボソボソとした声で「今日だけもう1曲やります。踊ってください」というようなことを言う。喋り始めるタイミングで潮が引くように静かになるファンの勘の良さにも感心したが、やり始めたのがソフト・バレエの「EGO DANCE」だったからさらに驚いた。1991年4月発売の4枚目のシングル。作曲は故・森岡賢だ。

かつてACID ANDROIDは森岡をゲストに呼びライヴをやったことがあるらしいが、残念ながら僕はそれを見逃している。森岡の一周忌から一ヶ月後の今日にこの曲をやることは、ソフト・バレエの熱心なファンだったyukihiroには深い意味があるはずだ。ファンもそれはよく理解していて、この日一番の盛り上がりで応える。この曲をソフト・バレエの3人が揃って演奏することは、もうない。だからこうやって彼らの歌を歌い継いでいくのは残された者の使命なのだ。こうして最高の盛り上がりと多幸感のまま、ライヴは終了した。この日のお客さんは一人残らず満足して帰途についたに違いない。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。