体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

桑田佳祐、初のBillboard Live Tokyo公演は まさに真夏の夜の夢!

エンタメ

ニューアルバムのリリースと5大ドームを含む全国ツアーを発表するなど、にわかにその身辺が賑やかになってきている桑田佳祐が、2017年初めてファンの前に姿を現した。しかも、それが自身初となるBillboard Live Tokyoでのライヴというのだから、当日チケットを幸運にも手に入れることができたファンはたまらない!
「この夏、大人の夜遊びin日本で一番垢抜けた場所!! supported by ニッポンハム / Billboard Live 10th Anniversary」 (okmusic UP's)

1日1公演の2days。しかも、1回公演につき300名という超プレミアライヴ。桑田にとっては、史上最少のキャパシティー会場でのライヴである。タイトル通り、大人の夜遊びを感じさせる高級感溢れる空間、そしていつものライヴであれば、巨大モニター越しに見る桑田の表情ひとつひとつを肉眼で見ることができるという贅沢なシチュエーション…。当日六本木に集ったファンは、まさに真夏の夜の夢のごとく、このスペシャルなライヴを満喫した。

ステージに桑田が登場すると、実際の数の100倍ほどの人数がいるのではないかと思われるほどの歓声が沸き起こる。この会場でこれだけの熱気を感じることは、今までになかったのではないだろうか。実際の空間はグッと凝縮されていたが、演奏のエネルギーとそれを受け止める観客のパワーは、ドームスタジアム級だった。

ニューアルバム『がらくた』のリリースを発表したばかりの桑田は、今年ソロ活動30年というタイミングでもある。そんな中でどんな曲が演奏されるかは大いに注目されるところだったが、冒頭は『Keisuke Kuwata』(1988年)、『孤独の太陽』(1994年)、『ROCK AND ROLL HERO』(2002年)、『MUSICMAN』(2011年)というソロアルバム、さらにKUWATA BANDからの選曲も入り、実にバランスよく今までのソロ曲が網羅された。そして中盤からは、お待たせしましたとばかりに『がらくた』収録予定の新曲が並び、後半は一気に新旧織り交ぜた盛り上げモードへとつながっていくという、究極のセットリストとなった。

アルバム『がらくた』には15曲が収録されるが、この日はその中から8曲を披露。昨年から今年にかけて、すでにCMやドラマで流れていたりする曲も多いせいか、このように改めて聴くと、『がらくた』というアルバムはここ数年の桑田佳祐のベストアルバムではないか、という装いすら呈してくる。

今年初のライヴ、初のBillboard Live Tokyoでのライヴから感じられるのは、いよいよリリースとなるニューアルバム『がらくた』への期待感、そしてソロ30年と言いつつもまだまだ進化し続ける、現在進行形の“桑田佳祐”というアーティストの姿だ。

アルバムリリース、5大ドームを含む全国ツアーへとまだまだ続いていく、今年の桑田佳祐の活動がますます楽しみになってくる。そんな2日間のライヴだった。

photo by 岸田哲平
桑田佳祐 「この夏、大人の夜遊びin日本で一番垢抜けた場所!! supported by ニッポンハム / Billboard Live 10th Anniversary」
■日時

7月10日(月)開場17:30 開演19:00

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会