体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上司のパワハラは、絶対に耐えてはいけない――“自衛”のための3ステップ【働く女性相談室】

「働く女性の成功、成長、幸せのサポート」という理念のもと、キャリア支援やコンサルティング、現在では結婚コンサルタントなど、幅広い領域で活躍されている川崎貴子さん(川崎さんの記事一覧)。

人材コンサルティングの経験と、女性経営者ならではの視点から、のべ1万人以上の女性にアドバイスをしてきた川崎さんが、「“働く女性”に立ちはだかるさまざまなお悩み」に、厳しくも温かくお答えするこのコーナー。

第三弾の今回は、“パワハラ上司”に悩む女性からのお悩みです。パワハラ・モラハラがニュースに取り上げられる昨今、こうした問題に対して川崎さんのアドバイスは?

上司のパワハラは、絶対に耐えてはいけない

<今回の相談内容>

現在の上司にパワハラを受けていて転職を検討中ですが、先輩に相談したところ「どの会社にもいるから」と言われてしまいました。パワハラ上司から逃れるために転職するのに、また同じような上司に当たったら転職する意味がありません。個人攻撃を受けているのは私に何か問題があるからでしょうか?また、どこに行っても同じなら我慢するべきで、転職するのは時期尚早でしょうか?(30歳女性)

回答者:川崎貴子

川崎貴子

リントス(株)代表。「働く女性に成功と幸せを」を理念に、女性のキャリアに特化したコンサルティング事業を展開。

1972年生まれ、埼玉県出身。1997年、人材コンサルティング会社(株)ジョヤンテを設立。女性に特化した人材紹介業、教育事業、女性活用コンサルティング事業を手掛け、2017年3月に同社代表を退任。女性誌での執筆活動や講演多数。(株)ninoya取締役を兼任し、2016年11月、働く女性の結婚サイト「キャリ婚」を立ち上げる。婚活結社「魔女のサバト」主宰。女性の裏と表を知り尽くし、フォローしてきた女性は1万人以上。「女性マネージメントのプロ」「黒魔女」の異名を取る。12歳と5歳の娘を持つワーキングマザーでもある。

何故パワハラ・モラハラはなくならないのか?

先日、豊田議員のパワハラを録音したテープが秘書の手によって公開され、その暴言や手を出しているような音声をニュースで繰り返し聞くこととなりました。

民間企業でも、社会的にこれだけ問題視されているにも関わらず、職場におけるパワハラ・モラハラ問題は増加の一途をたどっています。ストレス社会が背景にあり、被害者が相談できる窓口が増えたことなども増加要因として挙げられておりますがそれにしても一向に減らない。

それもその筈。

豊田議員は華麗な経歴(東大、ハーバード、厚労省)を経て議員になった超エリートですが、日本の職場でパワハラを失くすためにパワハラを定義づけ、予防や解決に向けた旗振りをしているのがまさに彼女の前職である厚労省な訳です。部下とは結構な確率で上司のやり方を踏襲するものです。

これは私の完全な推測です。豊田議員を一方的に批判するつもりはありませんが、「上司は部下に対してこれぐらい言っても構わない。」という姿勢を彼女が厚労省時代に習得してしまっていたのだとしたら、提言している組織そのものにパワハラが存在している可能性があります。

また、今回の件で自民党の元官房長官が「あんな代議士は男ならいっぱいいる。」と擁護発言をして更に炎上しましたが、それが真実であるならば、政治家という国民の代表者達の間でも「パワハラはスタンダード」がまかり通っている事になる。そりゃあ、民間だけ正せませんし、容易に無くなりませんって。

熊に出会ったら威嚇すべし

ですから、相談した先輩の「どこにでもいるから。」という意見は、ある意味、悲しい真実をついているのかもしれません。部下は上司を選べませんから、配属先の上司が“ハラスメントモンスター”だった場合、自衛が必要になります。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。