体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「輸入車道楽」に疲れたそこのあなたにオススメしたい、100万円台の現行メルセデス Bクラス

▲言ってみれば何の変哲もない5ドアハッチバックである現行メルセデス・ベンツ Bクラスなのだが、ある種の人にはこの「何の変哲もなさ」が逆に好ましいのだという筆者。果たしてその理由とは?

▲言ってみれば何の変哲もない5ドアハッチバックである現行メルセデス・ベンツ Bクラスなのだが、ある種の人にはこの「何の変哲もなさ」が逆に好ましいのだという筆者。果たしてその理由とは?

際限なき「買い替え欲」「上昇志向」に疑問を感じたなら

武士道ならぬ輸入車道を突き詰めていくと、ふと「すべてがどうでもいい……」と思ってしまう瞬間がある。

それまではひたすらこだわりまくり、ハッキリ言ってお金も注ぎ込み、様々な輸入車に乗ってきた。

しかし「エンジンが一つと車輪が4つ付いている」という意味では何だって同じであり、1人の人間は一度に1台の車しか運転することはできない。ていうかそもそも日本じゃ100km/hまでしか出せないし……なんてことを考えているうちに「あーもう何だっていいや! バカらしい! 次はいっそ軽の商用ワンボックスでも買うか!!!」という気分になり、実際それを実行してしまったりするのだ。

俗にこれを「解脱(げだつ)」という。

輸入車道における解脱について、その良し悪しをここで論じるつもりはない。「そういうこともありますよね」と述べるにとどめたい。

だがもしも今、あなたがたまたま「解脱寸前」とでも呼ぶべき精神状態にあるのだとしたら、ともに「最適な解脱系輸入車」について考えてみたいとは思う。

で、いきなり結論というか結論に近い推奨で大変恐縮だが、「現行メルセデス・ベンツ Bクラスの前期型なんていいんじゃないでしょうか?」と筆者は思う。

▲こちらが12年4月に登場した現行(2代目)メルセデス・ベンツ Bクラスの前期型。広い室内空間と優れた実用性が特徴の多目的コンパクトカーで、パワートレインは新開発のオールアルミ製1.6L直噴直4ターボと7速ツインクラッチ「7G-DCT」の組み合わせが基本となる。上級のB250は2L直噴ターボを搭載。ちなみに15年1月以降は、もうちょっとシュッとしたデザインの通称後期型に変更された

▲こちらが12年4月に登場した現行(2代目)メルセデス・ベンツ Bクラスの前期型。広い室内空間と優れた実用性が特徴の多目的コンパクトカーで、パワートレインは新開発のオールアルミ製1.6L直噴直4ターボと7速ツインクラッチ「7G-DCT」の組み合わせが基本となる。上級のB250は2L直噴ターボを搭載。ちなみに15年1月以降は、もうちょっとシュッとしたデザインの通称後期型に変更された

▲外観はやや実用車ライクな現行Bクラス前期型だが、インテリアはさすがにメルセデスらしいものとなっている

▲外観はやや実用車ライクな現行Bクラス前期型だが、インテリアはさすがにメルセデスらしいものとなっている

妙な欲は生じようがない地味な外観。しかし乗るとぜんぜん悪くない

現行Bクラスの前期型を推す理由はこうだ。

まず、見た目が至ってフツーである。どちらかといえば「さえない」という部類に入るのかもしれないが、まぁそのあたりはの感じ方は人それぞれだろう。少なくとも「至ってフツーな感じである」とは言えるはずだ。

そこがいいのである、逆に。

中途半端にカッコいいフォルムの車だと、「あの部分をもっとこうしたい……」というような“欲”が出てきてしまう可能性がある。しかしBクラスであれば、(基本的には)カスタマイズ等をしても何かがどうにかなる類の車ではまったくないので、「自分はこれでいいよ、十分だよ」というニュアンスの悟りの境地へと、しっかり確実に到達できる可能性が高まるわけだ。

▲初代Bクラスは「サンドイッチコンセプト」と称する二層構造のフロアを採用していたが、2代目はそれを捨て去り、シンプルなフロア構造に。そのため全高は初代より65mm低い1540mmとなっている
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。