ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ディズニーコラボが可愛すぎ!高橋愛&仲里依紗もお気に入りの韓国発「ハイチークス」で差を付けたい☆

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

@high_cheeks/Instagram今、マストでチェックしておきたい韓国発ブランドといえば、「high cheeks(ハイチークス)」。

可愛いもの好きな韓国の女子の間で人気なのはもちろん、日本でもファッショニスタ注目のブランドなんです。

・高橋愛や仲里依紗も愛用

トレンドに敏感な高橋愛さんも花のモチーフがキュートなバッグがお気に入りみたい♩

@i_my_me_mine_ ちゃんからも🌸🌸🌸thank u〜💋 #highcheeks

AI TAKAHASHIさん(@i_am_takahashi)がシェアした投稿 – 2017 4月 10 9:49午後 PDT

なかでも注目したいのは、ディズニーとコラボしたiPhone用ケース。ケース本体を振ると…

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 4月 13 8:20午前 PDT

中に入っているグリッターがキラキラ揺れ落ちる仕掛けになっています!

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 3月 10 7:04午後 PST

女優の仲里依紗さんは、『美女と野獣』のポット夫人バージョンをGet済みのよう☆

iPhone case✨ high cheeks pop up shop ISETAN新宿本館2階イセタンガール 4/12-4/18 阪急うめだ本店3階4/19-4/25 で販売するみたい 可愛だよ☺️ #highcheeks #koreanbrand #Disney #nodakayo_fground #ISETANshinjyuku #イセタンガール #伊勢丹新宿店 #hankyumode #阪急うめだ本店

Riisa Naka 仲里依紗さん(@riisa1018naka)がシェアした投稿 – 2017 4月 13 5:13午前 PDT

そして、ブック型のクラッチも思わずぜーんぶ欲しくなる可愛さ♡

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 3月 6 3:18午前 PST

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 3月 16 5:40午前 PDT

この他、『白雪姫』の継母や、『不思議の国のアリス』のキャラクターの刺繍をあしらったバッグなど、キッチュでオシャレなデザインがオシャレ女子の心を掴んでいる理由のようです。

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 1月 17 4:46午後 PST

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 1月 8 5:17午後 PST

・お花モチーフが可愛いハイチークスのバッグ

また、ディズニーコラボ以外にもチェックしておきたいのが、お花モチーフが目を引くバッグ。

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 4月 9 8:16午後 PDT

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 4月 16 11:00午後 PDT

キュートだけど甘すぎないデザインが、今の気分にぴったりです!

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 4月 19 11:37午後 PDT

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 6月 16 6:59午前 PDT

「ハイチークス」のアイテムは、日本ではHANKYU FASHIONのオンラインショッピングサイトなどで購入できるので、ぜひお気に入りを見つけて☆

high cheeks💖하이칙스さん(@high_cheeks)がシェアした投稿 – 2017 4月 5 2:18午前 PDT

high cheeks
http://www.highcheeks.com/index.html
Hankyu Fashion
https://web.hh-online.jp/fashion/index.html

・ファッション(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。