体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

田舎暮らしでマンションという選択肢はアリ? 山形の田園に突如現れるタワーマンションの住人に聞いてみた

生活・趣味
田舎暮らしでマンションという選択肢はアリ? 自然に囲まれた超高層タワーマンションの住人にインタビュー

山形県上山市という温泉やスキー場で有名なのどかな街に、なんと地上41階という超高層マンションが建っています。写真にするとコラージュに見えてしまうくらい不思議な建物の名前は、スカイタワー41。その住み心地を住人の方に伺ってみました。

一戸建てではなく、あえてマンションを選んだ理由とは?

近隣の住人なら知らない人はまずいない、上山市のランドマークであるこのマンションは、1999年に竣工して今年で18年目。山形新幹線の停車駅でもあるかみのやま温泉駅から徒歩30分、上山市の住宅街の端に位置しています。

今回お話を伺ったのは、2002年に低層階の部屋を購入し、そこでの生活がとても気に入っているというAさん。なぜ一戸建てではなく、高層マンションを選んだのでしょうか。

「私は上山市内からの引越しだったのですが、いくらこの辺の土地が安いといっても、新築一戸建てとなれば2000万~3000万円は掛かります。それに比べてこのマンションは、まだ残っていた部屋の販売価格が下がったタイミングということもあり、1000万円くらいから買えたんですよ。この価格なら賃貸のアパートを借りるのとローンの返済額がそんなに変わらないですから」【画像1】住宅街のはずれに突如として現れる巨大マンション。西側は川に面している(写真撮影/石井逸美)

【画像1】住宅街のはずれに突如として現れる巨大マンション。西側は川に面している(写真撮影/石井逸美)

「私が購入した時は、同じ間取りでも1階上がるごとに5万円くらい高かったんですよ。低層階だし山側なので景色は皆さんが期待するようなものではないのですが、朝のエレベーターが混む時間帯でも、階段で降りられるという点では、低層階でよかったと思いますよ」

Aさんが購入した住まいは低層階ながらも日当たりの良い3LDK。この条件で新築が1000万円で買えるなら安いように思えるが、中古の一軒家という選択肢はなかったのだろうか。

「結婚の予定もないし、庭をいじりたいとかの希望もなかったので、一戸建ては考えていませんでした。田舎はどうしても地域とのつながりが良くも悪くも強いですが、できればそれを避けたかったというのもあります。草刈りや祭りの手伝いが苦手という私みたいな人には、これほど良い物件はないですね」

住む場所が『田舎』であっても、暮らし方は『田舎暮らし』にしたくないという考え方に、目からウロコが落ちた気分です。【画像2】マンション建築としては東北一の最高層だけあって、遠くからでもよく目立つ(写真撮影/石井逸美)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会