体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【商店街調査】名物のコロッケ片手にお散歩!東京三大銀座のひとつ「戸越銀座商店街」の魅力

【商店街調査】名物のコロッケ片手にお散歩!東京三大銀座のひとつ「戸越銀座商店街」の魅力

「東京三大銀座」と呼ばれる商店街をご存じだろうか? それは、十条銀座商店街(北区)と砂町銀座商店街(江東区)、そして品川区にある戸越銀座商店街の3つである。昨今の商店街ブームをけん引する活気のある商店街の代表格ともいえよう。そこで今回は、戸越銀座商店街を週に1回以上利用している100人にアンケート調査を実施し、「好きなところ」「改善してほしいところ」など、満足度を探ってみた。

お店の数は約400店舗! 活気があり、気さくに話せる雰囲気がお気に入り

東急池上線・戸越銀座駅からすぐのところにある「戸越銀座商店街」。ほかにも、都営浅草線・戸越駅や東急大井町線・戸越公園駅、JR大崎駅など、さまざまな路線や駅が利用できる。その交通利便性の高さから、地域住民だけではなく、ちょっとしたおでかけで利用する人も多いのでは? では、この商店街を利用する人々は、どんなところが気に入っているのだろう? まず、「好きなところ」を聞いてみた。TOP10は以下のとおり。

●好きなところ(複数回答)

1位:活気がある、雰囲気がよい(51.0%)

1位:お店の種類・数が豊富(51.0%)

3位:自分の好きなお店がいくつかある(38.0%)

3位:安いお店(コストパフォーマンスのよいお店)がある(38.0%)

3位:美味しいお店がある(38.0%)

6位:個人経営のお店がある(36.0%)

7位:混雑度がちょうどいい(29.0%)

8位:商店街の長さ(距離)がちょうどいい(28.0%)

9位:お店の人と会話しやすい雰囲気がある(23.0%)

9位:常連になっているお店がある(23.0%)

1位は「活気がある、雰囲気がよい」と「お店の種類・数が豊富」の2項目。全長1.3kmにわたる商店街には、飲食店や食料品店はもちろん、リサイクルショップや病院など、約400店舗もあるというから、これは妥当な順位といえるのではないだろうか。

また、3位には3項目がランクインしているが、「自分の好きなお店がいくつかある」、「美味しいお店がある」、「安いお店がある」という項目であることから、ユーザーの商店街に対する満足度の高さがうかがえる。それは、9位の「お店の人と会話しやすい雰囲気がある」、「常連になっているお店がある」という項目からも読み取れるだろう。

筆者も実際に足を運び、何人かお店の人に話を聞いたが、嫌な顔ひとつせずニコニコと答えてくれる人が多かった。食べ物であれば価格や味が満足度に大きくかかわることだと思うが、お店の雰囲気や接客態度といったことも大事なポイント。筆者も近所に住んでいたら「また来たい」と思えるようなお店が多かった。【画像1】平日の昼前ということで、この時間の人通りはあまり多くなかった(写真撮影/明日陽樹) 【画像1】平日の昼前ということで、この時間の人通りはあまり多くなかった(写真撮影/明日陽樹)【画像2】商店街のマスコットキャラクター・戸越銀次郎(通称:銀ちゃん)。これは鮮魚店の前にいた魚を持った銀ちゃん(写真撮影/明日陽樹)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会