ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

214人にアンケート!手に職に就くまでの「お金」&「準備」 ~ステップ3~

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170706182625j:plain

「手に職」をつけて転職したいと思っても、何から始めたらいいのかわからない人も多いのでは? そこでこの度、未経験からスタートし、やりたい仕事で働き始めるまでにやるべき「準備」と「かかるお金」をご紹介!

手に職に就くまでの準備の流れを、5つのステップ毎に説明していくよ。

今回は【ステップ3】「必要なスキルや資格を身につけよう」。

特に、スクールで学ぶ場合をCheck!学ぶうえで欠かせない準備であるスクール費用に加え、転職に向け、通っている間にやっておきたい準備についてじっくりとガイドします!

Q.スクールに通うのにかかったお金は?

A.みんなの平均…79万2000円

スクールの受講料のほか、別途費用がかかる場合もある

やりたい仕事に就くためのスキル習得を目指し、自己投資をした人が多い。授業の受講料のほか、教材費や材料費、施設使用料などが別途かかる場合もあるので、スクール選びの際に確認しよう。また、自宅学習などでの出費にも備えたい。 「美容業界への転職を目指していたので、私自身の美容にも気を遣う必要があって、メンテナンスに5万~10万円費やしました。 (30歳・美容系インストラクター)」

「テキスト代に1万5000円ほどかかりました。また実習先へ行く交通費が1日900円×14日間。実習は年2回あって、意外と痛い出費でした。(35歳:精神保健福祉士)」

「Webデザインの技術を身につけるためにスクールに通いましたが、別途、自宅での勉強に使えるソフトを購入。6万円かかりました。(29歳・Webマーケティング)」

Q.スクールの入学資金はどう用意する?

スクールで学ぶには、ある程度まとまった額の資金が必要になる。「手持ちのお金では足りない」となっても、諦めないように!公的機関などのサポート制度があるので、チェックしてみて。

スクール費用のお役立ちサポート制度

公的機関の教育ローン

日本政策金融公庫の教育一般貸付(国の教育ローン)の場合、所定の条件を満たせば350万円まで融資を受けることができる。返済期間は最長で15年。日本政策金融公庫の各支店のほか、銀行などの金融機関でも取り扱っている。

銀行などの教育ローン

無担保で原則保証人不要で、融資を受けることができる。借り入れ可能な金額は金融機関などにもよるが、だいたい300万円くらいまで。利用の条件や返済方法、月々の返済金額などは、各金融機関へ直接問い合わせを。

一般教育訓練給付制度

厚生労働省が指定した講座を対象に、費用の20%(最大10万円)が戻ってくる制度。雇用保険に3年以上(制度を初めて利用する人は1年以上)加入していれば、利用できる。ただし、給付金の支給は講座修了後なので、要注意。

家族から借金

最終手段として考えたいのが、親など家族から借りるという方法。金額や返済期間などに融通をきかせやすい。とはいえ、身内だからといって甘えすぎないよう、返済金額や期限など返済計画を立て、それを守るよう心がけたい。

求職者支援訓練制度

「会社への在籍期間が短い」などの理由で、失業保険の給付が受けられない人が対象。会社を辞めてハローワークに求職を申し込んでいて、かつ要件を満たせば、職業訓練(受講無料)と、月10万円の支給を受けることができる。

専門実践教育訓練給付制度

厚生労働省が指定する講座が対象だが、介護福祉士、調理師など国家資格をめざす講座や専門学校の職業実践専門課程などが対象。要件を満たせば、かかった費用のうち年間最大4 8万円が戻ってくる。給付期間は最大3年。

Q.スクール費用の調達法は?

貯金…49.5%

会社勤めを続けて得た収入…19.4%

家族からの援助…15.5%

会社を辞めてバイトで得た収入…2.9%

その他…12.6%

※小数点第2位を四捨五入しているため、合計値は100%にはなりません。

「地元自治体の介護福祉奨学金を利用。卒業後、自治体が指定する施設に就職し、5年間働けば返済が免除になるという制度です。(38歳・介護福祉士)」

「スクール通いのために会社を辞めました。貯金はほとんどなくて、学費を工面するために欲しいものをひたすら我慢して節約しました。(38歳・セラピスト)」

コツコツと貯めた貯金を投入し、スキル習得を目指した人が多い

働いて貯めたお金をスクール費用に充てたという人がほぼ半数を占めた。次に「会社勤めを続けて得た収入」、「家族からの援助」が続くという結果に。会社を辞めてアルバイトで得た収入から調達した人は2.9%と意外に低かった。

Q.スクールの通学期間は?

A.みんなの平均…1年2か月

短期集中で学んだ人から3年以上学んだ人までさまざま

3ヵ月未満の短期集中で通学した人や、3年以上かけてスクールで学んだ人までさまざま。目指す職種によっては資格が必要になる場合もあり、スクール通学期間が長期になるケースも。

Q.スクール在学中、「学ぶこと」のほかに何をやるべき?

スクールで学んでいる期間も転職への貴重な準備期間。スキルの習得以外に、未経験からの転職に役立つさまざまな体験やチャレンジができる。その中からポイントをピックアップ。

人脈を作る

スクールで培った人脈は卒業後も貴重な財産。講師はプロで活躍中の人が多く、転職

先で活躍するためのアドバイスをしてくれる。また、スクール仲間とのつながりも大切に。情報交換をしたり、一緒にサロンを開業などというケースも。

作品を作る

クリエイティブ系職種を目指す場合、在学中に制作した作品が転職活動の大きな武器に。また、在学中にはその道のプロである講師から指導を受けられるので、作品作りをしながらスキルアップしていくことが可能。

現場を経験する

未経験の仕事に転職を目指すなら、その仕事の現場でアルバイトをして実務を経験し、実践スキルを養っておきたい。インターン制度や研修制度を持つスクールも多く、積極的に活用して在学中に現場経験を積んでおこう

いかがでしたか?「手に職」転職に関する、期間と費用についてイメージはわきましたか?次回は【ステップ4】「転職準備をしよう」について。お楽しみに!

構成/ケイマナニュース!編集部 取材・文/小林裕子(小林編集事務所)

※この記事は2016年3月時点での情報を基に作成しています。

※アンケートデータはケイコとマナブ編集部が独自に行った調査の集計結果です。調査期間は2015年12月9日から12月14日。回答者は、資格・スキルを身につけて未経験の職種に転職した女性214人(20代~30代)。ただし、有効回答数は質問項目によって異なります。

関連記事リンク(外部サイト)

214人にアンケート!手に職に就くまでの「お金」&「準備」 ~ステップ2-2~
214人にアンケート!手に職に就くまでの「お金」&「準備」 ~ステップ2-1~
214人にアンケート!手に職に就くまでの「お金」&「準備」 ~ステップ1~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。