ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お箸でつながる支援プロジェクト「はしながおじさん」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
お箸でつながる支援プロジェクト「はしながおじさん」

もともとは、アメリカの女性作家ジーン・ウェブスターによる小説。主に両親のいない子どもに金銭的な援助をおこなうが、しかし、その正体は絶対に明かさない。現代日本では、広く学生への援助者の意味で用いられている──。

と、この説明はあくまでも「あしながおじさん」について。きっと一度は耳にしたことがあるはずだ。でも、ここで紹介したいのは「はしながおじさん」というプロジェクトの存在。

あなたが「お箸」を買うと…

お箸でつながる支援プロジェクト「はしながおじさん」

これは、対象のお箸を購入すると、それとまったく同数のお箸が児童養護施設の子どもたちに贈られるというもの。漆箸の老舗メーカー兵左衛門と箸専門店にほん箸、デザインプロダクションのトータルデザインセンターの3社が立ち上げた支援プロジェクトだ。

お箸を扱う会社にも
できることがある

お箸でつながる支援プロジェクト「はしながおじさん」

気になるプロジェクト発足の背景はこうだ。

そもそも、日本全国には約600の児童養護施設があり、様々な理由で約3万人の子どもたちが生活しているそう。その多くはサイズが合わなくなったり、多少傷ついたりしても、はじめに手にしたお箸を大切に使い続けているのだとか。

でも、新しいお箸を使うと、いつもの食事が美味しく感じられたり、楽しく、あたたかい気持ちになれたりするもの。そこで、贈った人も贈られた人も笑顔になれる仕組みを作ろうという思いから、先の3社が手を組んだというわけ。お箸でつながる支援プロジェクト「はしながおじさん」

まずは、東京と岡山の「にほんぼう」およびオンラインショップで販売を開始し、2017年4月からは全国の百貨店へも展開している。サイズは大、中の2種類で、価格はともに1,500円(税別)。お箸という身近なものを通じてできる、こんな支援の形があったなんて。Licensed material used with permission by はしながおじさん

関連記事リンク(外部サイト)

常識を覆す、「新しいお箸」と出会いました。
お箸のトレーニングに最適な「エレファントスプーン」って知ってる?
猫に飼われた「小さいおじさん」のきもかわイラストが、じわじわくる。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。