体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Porehead、“夏”を運んだ熱狂のワンマン

7月8日、Hironori Kusano(Vo.)、Takeshi(G.)、MattSun(B.)、Lyo(Dr.)によるロックバンド、PoreheadがTSUTAYA O-crestでワンマンライヴ『ウィゴレリラ』を開催。久しぶりのワンマンということで会場は東京だけでなく各地から集まってきたファンで満員となっていた。
7月8日(土)@TSUTAYA O-crest (okmusic UP's)
開演時間となり、オープニングS.E.が流れる中、Takeshi、MattSun、Lyoがステージに登場した。スポットライトが当たるLyoがドラムのリズムを響かせ、そこにHiroが姿を現し、「渋谷! 楽しんでいけるか!」と煽り、「Top of the World」でライブがスタート。「夏、始まるぜ!」と「MERMAID」で勢いを付け、続けて「The sun will shine on you」を演奏し、会場の中にも“夏”を連れてきてくれた。ファンもみんなジャンプしたり、その雰囲気を楽しんでいる。

「ようこそ、O-crestへ。無事ワンマンを迎えることができました。そして僕ら、4周年も迎えることができました」とHiroが嬉しい気持ちを伝え、「このあと、超疲れるから気をつけたほうがいいよ。覚悟しておいてください。ワンマンしかやれないこともやっていくので、楽しんでいきましょう!」と、この日のライヴを予見するような言葉を発し、次の曲「Come to Know」へ。「Come to Know」と「Twilight」ではサックス奏者のyath(ヤス)をゲストとして呼び込み、その音色でバンドサウンドに妖艶さと深みを与えてくれた。

ここで一旦小休止。「このワンマンをやるにあたって、特別なことをやろうじゃないかって、メンバーが素材から自分たちで厳選して作りました」と、4種類のTシャツがステージ横のスクリーンに映し出された。実は『誰がデザインしたでしょう!? 【ウィゴレリラ】特別企画』として事前にTwitterでメンバープロデュースのTシャツが発表されていて、人気投票が行われていた。A「キリンと背くらべ」、B「やっぱフォトTいいよね〜」、C「シュワっと爽快、D「TRIP」の4種類。人気投票の結果は1位から順番にA、B、D、C。この時点ではそれぞれ誰のプロデュースかは明かされていない。

ライヴが再開。「最近、カバー動画もアップしていて、僕らの好きなアーティストのカバーをしています。これはまだライブでは演ったことがなくて、このワンマンでみなさんの前で演奏できたらなって」と、マルーン5の「Don’t Wanna Know」を披露。ゆったりしたリズムに合わせて、ファンの人たちも体を揺らしながら聴き入っている。

楽器隊の3人がステージから退き、「テノヒラ〜Piano Ver.〜」をHiroがソロで聴かせる。歌声の良さと表現力の豊かさを改めて感じさせ、中盤でゲストのyathが再登場し、サックスでこの曲に色を添えてくれた。歌い終わってステージから退くHiroと入れ違いに、楽器隊の3人がステージに現れ、インストナンバーを演奏。ビートの効いたドラム、低音を響かせるうねるベース、そしてメロディックなフレーズを奏でるギター。それぞれがテクニックを駆使し、エモーショナルなサウンドを生み出して、会場を一気に熱くさせる。

温まったところでHiroも加わり「Wings」へ。久しぶりにライヴで演奏する曲ということでファンも大いに盛り上がりを見せた。「限界までみなさん飛び跳ねてください! 最後の最後まで飛び続けてください!」と呼びかけ、「Do you(remember the day)」「アメジスト」へとその勢いのまま畳み掛ける。

「めちゃくちゃたくさんの愛と感謝の気持ちでいっぱいです」とファンとスタッフへの感謝の気持ちを伝えたあと、うれしいニュースも届けてくれた。「年内にミニアルバムをリリースしようと思っています。そのために今、いろんな曲を作ったり、いい意味で、たくさん吸収しています」と。そして、「Icebox」と「Dancing in the moonlight」を演奏し、「僕らの4周年、一緒に祝ってくれてありがとうございました。渋谷! 最後、一緒に一つになりましょう!」とみんなでジャンプをしてライヴ本編を締めくくった。

アンコールでは、中盤で人気投票の結果発表をしたプロデュースTシャツを着て4人がステージに登場した。1位がTakeshi、2位がMattSun、3 位がHiro、そして4位がLyoというのがわかってファンも様々な反応を見せている。「みんなセンスないね」と言うLyoとは対照的に、Takeshiは「みんなわかってるね(笑)」と余裕のコメント。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。