体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BMWから初の電動キックスクーター! クールなデザイン、しかも折りたたみ式

自動車メーカーBMWは、折りたたみ式の電動キックスクーター 「X2City」を開発し、この冬にも発売すると発表した。

同社の電動キックスクーターは初となる。通勤時などにまず車や電車で目的地近くまで移動し、そこから街中の目的地までは電動キックスクーターで移動する、といった環境に優しく、かつ小回りのきく移動スタイルを提案する。

・コンパクトに収納できる!

さすがBMW。デザインは洗練され、つくりも丈夫そうな印象。キックスクーターといっても、通常のタイプに比べてタイヤが大きく、全体は小型バイクほどのサイズだ。

ただし、折りたためるようになっているので、使用しない時や車での移動時ではコンパクトに収納できる。重さは20キロあり、正直、持ち歩くのはやや厳しい。車や電車と組み合わせての使い方を想定しているようだ。

・最高速度は時速25キロ

スペックはというと、速度は5段階設定できるようになっていて、 最高速度は時速25キロ。408Whのリチウムイオン電池を搭載し、航続距離は25~35キロとなっている。

バッテリーは家庭のソケットで充電でき、フル充電にかかる時間は2時間半。

価格は未定ながら、同社は「2500ユーロ(約33万円)以下となる」とし、今年のクリスマスまでの発売を予定している。

BMW

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会