ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【第18回 JAPAN EXPO】YOSHIKIが2年ぶりに登場! 虹コン/わーすた/山田涼介らも

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【第18回 JAPAN EXPO】YOSHIKIが2年ぶりに登場! 虹コン/わーすた/山田涼介らも

 2017年7月6日~7月9日の4日間、パリ・ノール・ヴィルパント展示会場で【第18回 JAPAN EXPO】が開催された。

 会場中央に日本企業の出展ブースを集めたエリア「SAIKO! JAPAN」の動員数は18万人以上。アイドルやミュージシャンによるライブや、俳優によるトークショー、ゆるキャラによる特別観光PRイベントなど、合計33のステージプログラムが実施された。中でも人気が高かったのは、アイドルグループより、虹のコンキスタドール、わーすたのミニライブ、また大人気コミックを原作とした2.5次元舞台【弱虫ペダル】のキャストたちによるトーク&パフォーマンスで、ステージ前には多くのファンが集まり大歓声を上げた。

 そのほか、ポケモンストア関西空港店ブースにはパイロット姿のピカチュウが現れ、一緒に写真を撮ろうと多くの人々が列を作る。7月4日に現地でリリースされたばかりの『シャドウバース』フランス語版の展示、体験プレイを実施するCygamesのブースは、初日に引き続き多くの人々で賑わった。

 オフィシャルステージでは7月7日にX JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』本編が上映され、会場から「YOSHIKI」コールが起こると、大合唱の中YOSHIKIが登場。【JAPAN EXPO】への登場は2年ぶり。YOSHIKIが「We Are X!」の掛け声とともに両手で「X」のポーズを作ると、会場中が「We Are X!」のコールとXポーズに包まれた。

 同じく7月7日に行われた『鋼の錬金術師』の実写版映画の予告編上映では、曽利文彦監督ほか主演の山田涼介と本田翼が登場し、フランスへの想いを語ると観客からは熱い声援が。さらに、「SAIKO! STAGE」でも活躍した虹のコンキスタドールが今回初めてオフィシャルステージでもライブを行い、大規模なステージでさらに多くの観客を沸かせ、舞台【弱虫ペダル】は自転車を漕ぐ舞台演出のワークショップを行い、現地の人々との交流を深めた。

 オフィシャルプログラムでは日本人ゲストのイベント以外にも、 ECG(ヨーロピアン・コスプレ・ギャザリング)の決勝大会が行われたり、たこ焼きや焼きそばなどの屋台に大行列ができるなど、現地ならではの催しが注目を集めた。例年同じくコスプレして参加する者も多く、人気アニメ『進撃の巨人』『Re:ゼロから始める異世界生活』や、昨年大ヒットした『君の名は。』など。さらには日本アニメに限らず、洋画『スーサイド・スクワッド』などのコスプレも見られた。

 4日間の会期を終え【JAPAN EXPO】は閉幕。今後は8月上旬に主催者からの開催報告が予定されている。

関連記事リンク(外部サイト)

X JAPAN、日本ツアー直前 YOSHIKIインタビュー「どこまでが現実で、どこまでが夢の世界か分からないですね」
虹のコンキスタドール『?ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド?』インタビュー
わーすた 初の海外定期ライブ第一回目は台湾! アニソンカヴァーでも大盛り上がり

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。