ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ジェレミー・レナーが撮影中に両腕を骨折・・・『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』には影響なし

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ジェレミー・レナーが撮影中に両腕を骨折・・・『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』には影響なし

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(原題)でホークアイを演じるジェレミー・レナーが、新作コメディー『Tag』(原題)の撮影中に両腕を骨折したことを情報筋が明らかにした。

「そういう仕事なんです」と、チェコで開催されているカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で新作『Wind River(原題)』のプロモーション中のレナ―は語っている。「(ケガをするのは)仕事の一部」だという。ちなみに、この時、撮影を行っている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『Tag』のどちらの撮影で骨折したのか明言しなかった。

右ひじと左手首を骨折するケガを負ったレナー。ホークアイは弓矢の達人なので、役の上では腕を使わないわけにはいかないのだが、レナーいわく、ケガは演技にあまり影響しないと言う。

「問題があっても解決してしまう性分でね。多少は影響はあるけど、やりなきゃいけないことができなくなるようなことはない。(ケガの)治りは早い方だし、(撮影再開までに)早く治るようにあらゆることをやってるよ」

幸い、レナーが同時期に撮影を行っている『Tag』はコメディーだ。「悪い奴らを次から次へと殴り倒したり、突拍子もないことをすることもない。自分で靴紐は結べないけど、それ以外の大抵の事ならなんとかやれる」という。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ジェレミー・レナーが撮影中に両腕を骨折・・・『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』には影響なし

ダルメシアンが18匹もの子犬を一度に出産!

亡なった親友のためにエサを半分残し続ける犬

トランプ大統領がポーランドの首相夫人に握手をスルーされる【映像】

公開から40年、『未知との遭遇』のミステリアスなティーザー映像が意味する物とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。