ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

人間椅子、新作「異次元からの咆哮」発売決定 ツアーファイナルは初のZepp公演

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
人間椅子、新作「異次元からの咆哮」発売決定 ツアーファイナルは初のZepp公演

人間椅子が、20枚目のスタジオアルバム「異次元からの咆哮」を10月4日に発売することが明らかになった。また、リリースを記念した全国ツアーでは、彼らにとって初のZepp Diver Cityでファイナルを行うことも発表された。

スタジオアルバム「異次元からの咆哮」の初回盤DVDには、今年3月25日に東京・赤坂BLITZで行われたライブ盤リリース記念ワンマンツアー「威風堂々」ファイナル公演のライブ映像を収録予定となっている。

また、和嶋によるアルバムコンセプトも公開となった。

リリースを記念した全国ツアーは、10月31日の仙台 CLUB JUNK BOXを皮切りに全9公演のツアーとなる。ツアーファイナルは、彼らにとって初のZepp Diver Cityでの公演となる。詳細は後日発表予定。

アルバムコンセプト(和嶋慎治/人間椅子)
世界が、我々に見えているものだけでないとしたらどうでしょうか。動植物は、どうも人間みたいな生活苦を抱えているようには思われませんから、彼らはもしかしたら、極彩色のエネルギーのめくるめく空間に暮らしているのかもしれません。人間はがんじがらめに条件付けされているゆえ、こう、としか現実を把握できないところがあります。それがため、さらに世界は単調で苦しみに満ちた景色に見えてきます。
多次元、異次元、という考え方があります。世界は単一のものではなく、無限に折り重なり、そこには多様の存在がひしめいている──想像しただけで、何かわくわくしてきます。ときに、音楽とは目に見えないものです。我々が音楽を聴いて感動するのは、それが目に見えない、異世界への扉を開いてくれるからではないでしょうか。
今回のアルバムでは、様々の異次元の住人が登場します。あるいは、異世界の精神を持って現実で暴れまわる男も出て来ます。まるで世界の閉塞感を、退屈さを嘲笑うかのように。未知なるものへの対峙は恐怖を伴うものですが、それは自己の変容を促すものでもあります。さあ、人間椅子と一緒に、怖くて楽しい異次元への旅行に出掛けましょう。

リリース情報
アルバム「異次元からの咆哮」
2017年10月4日(水)発売
初回盤(CD+DVD)TKCA-74561 3,704円+税
通常盤(CD)TKCA-74562 2,685円+税
初回盤DVDには、今年3/25に赤坂BLITZで行われたライブ盤リリース記念ワンマンツアー「威風堂々」ファイナル公演のライブ映像を収録予定

ツアー情報
2017年10月31日 仙台CLUB JUNK BOX
2017年11月2日 弘前Mag-Net
2017年11月4日 札幌cube garden
2017年11月8日 神戸Chicken George
2017年11月10日 高松Olive Hall
2017年11月12日 大阪umeda TRAD(前AKASO)
2017年11月14日 博多Be-1
2017年11月16日 名古屋Electric Lady Land
2017年11月19日 東京Zepp Diver City
※詳細は後日発表

関連リンク

人間椅子 オフィシャルサイトhttp://ningen-isu.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。