ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【Interview】インフルエンサーが企業のSNS担当者に!デジタル戦略時代のソーシャルメディア・マネジメントサービス「PRST」に迫る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
prst_1インフルエンサーマーケティングの先駆け的存在として、業界を牽引してきた「SPIRIT(スピリット)」。まだソーシャルタレントという言葉すら浸透していない頃に、その地位を確立させ、新しい販促戦略の形を提示した画期的なサービスだ。

あれから約2年。ソーシャルメディアをさらに深く活用するために、誕生したのがこの「PRST(プロスト)」だ。提供元のLIDDELL(リデル)は、約5ヵ月間のテストマーケティングを経て、本サービスをローンチ。「SPIRIT」に続くSNS時代の切り札として、注目が集まる。

果たして、どんなサービスなのか。代表取締役CEOの福田 晃一(ふくだ こういち)氏に、早速話を聞いた。

・インフルエンサーが企業のSNSマネージメントを代行

Q1:「PRST」とは、どんなサービスなのでしょうか。詳細について、教えてください。

prst_2「PRST」は、企業担当者の代わりに、インフルエンサーがInstagram、ツイッターなどのソーシャルメディアのマネジメント(運用代行)や、プロデュース(運用サポート)を行うサービスです。各インフルエンサーが発信するカジュアル、エレガンス、ナチュラル、ガーリーなどといった世界観が人々の共感を集めています。

こうしたインフルエンサーが生み出す影響力を企業が活用し、それと同時にインフルエンサーの可能性を拡げていくサービス、それが「PRST」です。

Q2:御社のサービスとして真っ先に頭に浮かぶのは、2年前にリリースされた「SPIRIT」ですが、今回の「PRST」では、その経験はどのように生かされているのでしょうか。

prst_3「SPIRIT」はサービスローンチ後、短期間で国内最大級のプラットフォームに成長を遂げました。その過程で、「SPIRIT」を活用する企業から、自社Instagramがどうすればよくなるかわからない、という相談を受けていました。

同時に、インフルエンサーをフォロワー数のみで判断するのではなく、フォロワーが少なくても人々の共感を生む世界観や、写真を創出するクリエイティブよりのインフルエンサーにも活躍してほしかったため、「PRST」の提供に至りました。

Q3:大勢のインフルエンサーを抱えておられますが、ノウハウやコツのようなものは、マニュアル化されているのでしょうか。

どうすればフォロワーが増えるか、どうすればエンゲージメントが上がるか、これはひとえに、「共感される投稿」ができるか否かによります。もちろん、ハッシュタグや投稿時間、テキスト、画像加工のトレンドなど、テクニカルな部分もたくさんありますが、最も重要なのはやはり共感です。

この“共感”を作り出すノウハウは、「SPIRIT」の800社を超える企業と、1万9000人のインフルエンサーたちの熱量(過去の実績データ)から、マニュアル化されています。このノウハウは、インフルエンサーとの勉強会や、今後予定するインフルエンサー教育事業にも、反映されています。

・生活者目線のクリエィティブで企業とユーザーを近づける

Q4:本サービスを利用することで、企業はどのようなメリットを得るのでしょうか。

prst_4PRSTの導入によって企業が得られるメリットは、大きく3つあります。まず、ソーシャルメディアの運用担当者が存在しない場合、アカウント開設後の放置状態を解決します。企業担当者に代わり、インフルエンサーが商品等のコンセプトやメッセージを理解した上で、撮影、加工、投稿、すべてを実施。ソーシャルメディアの世界観を創り上げます。

次に、撮影・加工における企業目線での発信の中和です。Instagramはカタログではないので、いかに洗練されていても、生活者に響くとは限りません。投稿によってシーンを魅せて想像力を喚起し、生活者目線の共感できるクリエイティブで、企業とユーザーの距離を近づけます。

最後は、ソーシャルメディアを、効果的に活用できるようになること。日々自分の世界観を共有し続けているインフルエンサーのナレッジをもって、適切で効果的なハッシュタグを増やし、密接で強固なファンの醸成を促進します。

Q5:今後の展開について、教えてください。

prst_5「SPIRIT」を展開する中で、インフルエンサーが企業のソーシャルメディア担当を担うという新しい可能性が拡がったように、新たに「PRST」を通して、企業とインフルエンサーの関わり方や可能性を生み出せれば、と思っております。

「インフルエンサー」という職業が確立しつつある中、雇用問題や働き方の改革の一端を担えるサービスになれるよう、まい進していくつもりです。

(取材・文 乾 雅美)

PRST

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。