体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ピースボート乗船者紹介】自分の五感を使って、まだ見ぬ「世界」を確かめたい!山門千夏

神戸出身の25歳、山門千夏です。

自然や生き物が好きで、動物園や水族館の飼育員に憧れていましたが、夢に破れ、普通のサラリーマン生活を送っています。

ピースボートに乗ったきっかけは、世界の人や自然や文化を、メディアに切り取られた一部の情報ではなく、自分の目で、自分の五感を使って確かめたいと思ったからです。

というのも、学生時代は海外にさほど興味はなく、なんか治安悪いし、テロとか起きそうだし、食べ物もきっとおいしくないし、日本が一番安全!というように、海外に対してネガティブなイメージばかり持っていました。

しかし、会社の新入社員旅行で初めての海外旅行を経験し、フレンドリーな町人たちや、毎日食べても飽きないおいしい食べ物に触れたことで海外へのイメージがひっくり返りました。

空気や自然風景、人とのスキンシップなど、テレビだけでは分からないたくさんの気づきがありました。また、訪れる国の魅力を知ると同時に、日本の魅力にも気づくことができました。

自分はこれまで、なんと狭い世界で生きてきたのだろう、もっともっと旅に出て、より多くのことを知りたいと思うようになりました。こうして旅の虜になったわけです。

また、大学時代に留学生の友人ができたこと。これも自分の価値観を変えた大きな出来事でした。どの国にも色々な人がいて、「◯◯人はこうだ」と一括りにする考え方はとても愚かだと感じるようになりました。

また、今のネット社会は情報が溢れているといわれていますが、その情報はありもしない噂や過激な考え、憶測に過ぎない情報などが多く含まれているといえます。

 

それが偏見や誤解を生み、気付かぬうちに多くの人を傷つけているかもしれません。いろいろな国の人や文化にふれることで、遠い国のことを身近に感じるようになり、このような哀しいすれ違いは減っていくのではないでしょうか。

ピースボートでは様々な国籍の方が乗っているので、交流を深めてお互いの国の魅力を知っていきたいです。無料の語学講座もたくさんあるので積極的に参加していきたいです。また、何より寄港地の魅力を多くの人に伝えていきたいです。

情報を自ら発信するのは実は得意ではありませんが、トラズベラーズボートの活動を通じてネットスキルも身につけていきたいです。

 

8月出港の乗船者、絶賛募集中です!

TRAVELERS BOATとは、2016年8月に出発した92回ピースボートの航海からスタートした、TABIPPOとピースボートが企画する、新しい船上プログラムです。2017年の8月に出発する95回ピースボートにて、TRAVELERS BOATプログラムに参加される方を今回募集しております!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。