体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

震度6以上の地震に襲われる確率は? 予測地図でチェックしてみた

住んでいる街が震度6以上の地震に襲われる確率は? 予測地図でチェックしてみた

政府の地震調査研究推進本部が4月下旬に全国地震動予測地図2017年版を公表した。これを使うと自分が住んでいる街などで地震によって強い揺れに見舞われる確率を調べることができるらしい。さっそく試してみた。

Mapを開くと揺れに襲われる確率で色分けした地図が現れる

「全国地震動予測地図(J-SHIS Map)」とは、将来日本で発生する恐れのある地震による強い揺れを予測し、その予測結果を地図化したもの。防災科学技術研究所のウェブサイト「地震ハザードステーション」のトップ画面で左上のスタートボタンをクリックするとMapが開く。【画像1】J-SHISのトップ画面。赤枠で囲った左上のスタートボタンをクリックするとMapが開く(画像/J-SHIS Map画面キャプチャ)

【画像1】J-SHISのトップ画面。赤枠で囲った左上のスタートボタンをクリックするとMapが開く(画像/J-SHIS Map画面キャプチャ)

Mapを開くと日本列島の地図が現れるのだが、なにやら黄色や赤で色分けがしてある。これは今後30年以内に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率の分布図だ。黄色は0.1%未満だが、赤が濃くなるほど確率が高くなり、最も濃い赤は26%以上を示す。首都圏や静岡県、紀伊半島、四国などの太平洋沿岸は軒並み濃い赤で塗りつぶされている。【画像2】J-SHIS Mapのトップ画面。左上のスケールで縮尺を変えられる(画像/J-SHIS Map画面キャプチャ)

【画像2】J-SHIS Mapのトップ画面。左上のスケールで縮尺を変えられる(画像/J-SHIS Map画面キャプチャ)

縮尺を上げて東京都を見ると23区はもちろん、西側も武蔵村山市や昭島市、日野市あたりまでほぼ真っ赤だ。確率が26%よりも低い場所に住もうと思うなら、都心からかなり離れなければならないことが分かる。ちなみにMapの右上にある+マークをクリックすると、地図をグーグルマップに切り替えられるので、よりリアルに感じられそうだ。【画像3】Mapの右上の「+」から地図をGoogleマップに変更することができる(画像/J-SHIS Map画面キャプチャ)

【画像3】Mapの右上の「+」から地図をGoogleマップに変更することができる(画像/J-SHIS Map画面キャプチャ)

地下に広がる活断層の範囲が分かる

次に地図の上にあるタブで「想定地震地図」を選択し、左上の「震源断層」と書かれたボックスの中の「主要活断層帯」の項目にチェックを入れる。【画像4】上部のタブで「想定地震地図」を選ぶ(画像/J-SHIS Map画面キャプチャ) 【画像4】上部のタブで「想定地震地図」を選ぶ(画像/J-SHIS Map画面キャプチャ)【画像5】左のサイドバーにある「震源断層」の主要活断層帯の右側にチェックを入れる(画像/J-SHIS Map画面キャプチャ)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。