体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クーラー嫌いな人が知っておくべき「古民家」の涼しい暮らし

クーラー嫌いな人が知っておくべき「古民家」の涼しい暮らし

もうすぐ、夏。あらゆる鬱憤を吹き飛ばしてくれるようなあの解放的なムードを待ち焦がれつつ、止めどなく汗の吹き出すウダるような暑さはやっぱり苦手。かといってクーラーがんがん効かせると風邪ひいちゃったりするし、かくも夏場の体調管理は悩ましいわけで…。

そういえば。電気やクーラーのなかったその昔、例えば江戸時代の人たちは一体どうやって夏の暑さをしのいでいたのでしょう?地球温暖化の影響がまだなかったとはいえ、きっと夏は夏で暑かったはず。そんなクエスチョンマークが頭ん中を巡るなか、Facebookフィードに流れてきた「古民家に学ぶ暮らしの工夫」というワークショップの案内。なんでも夏の暑さ対策として井戸水を活用すべく、母屋の屋根を手作業でリフォームするとのこと。なんだか妙に面白そうだったので、水無月の某日、東京は国立市にある古民家を訪ねました。

情緒溢れる古民家へようこそ

クーラー嫌いな人が知っておくべき「古民家」の涼しい暮らしクーラー嫌いな人が知っておくべき「古民家」の涼しい暮らし

その築70年ほどの古民家は、江戸時代から続く旧家「本田家」の敷地の一角にあります。現在は「やぼろじ」というシェアオフィス兼コミュニティとして、カフェ、工房、ガーデン、建築家、デザイナー、ギャラリーなどが入居。また、住や食、農や自然など“暮らし”に関するワークショップやガーデンパーティーなどのイベントも開催され、この地に欠かせない地域活性の場となっています。

約360坪の敷地には、古民家のほか、広々とした池のあるお庭、離れ、井戸小屋、蔵、畑が。車通りの多い街道沿いにありながら敷地内はとても閑静で、なんだかここだけ時間が止まっているような不思議な感覚に襲われてしまいます(とっても居心地よくて落ち着くわぁ…)。

「なるほど!」が満載の
ワークショップがスタート

午前10時にスタートしたプログラムは、まずはじめにやぼろじを統括されているWAKUWORKS代表の建築家・和久さんから、古民家を巡る歴史について、そして今回のワークショップの概要・目的などについてレクチャーしていただきました。クーラー嫌いな人が知っておくべき「古民家」の涼しい暮らし

暑さや寒さって、気温だけじゃないんですよ。気温と、天井とか壁の表面温度。これを足して2で割ったもの。だから、いくらエアコンで涼しくしても蓄熱して表面温度が高いままだと、体感的には涼しく感じられないんです。そこで今回は屋根に井戸水を散水して表面温度を下げようという計画で、要は「打ち水」ですよね。打ち水は気化熱で気温が下がるので。

興味深いお話ばかりで、ふむふむと頷きながら聞き入る参加者一同。で、レクチャーの後は和久さんの案内で敷地内の散策へ――。クーラー嫌いな人が知っておくべき「古民家」の涼しい暮らし 裏庭にある大きな古井戸。ここから水を汲み上げますクーラー嫌いな人が知っておくべき「古民家」の涼しい暮らし
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。