体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

育てて食べて楽しめる、話題のポタジェ。マンションのベランダでもできるつくり方とは

育てて食べて楽しめる、話題のポタジェ。マンションのベランダでもできるつくり方とは

最近テレビや雑誌などで取り上げられることもある、「ポタジェガーデン」。フランス発祥の菜園のことで、病害虫を防ぎながら野菜を栽培できて、さらに見栄えもいいとあって、注目が高まってきています。今回は、ポタジェ・アドバイザー藤井純子さんにその由来や楽しみ方をお聞きしました。マンションのベランダでも手軽に始められるアイデアや収穫したハーブを使った簡単レシピなどを紹介します。

新しい家庭菜園、ポタジェガーデンが注目されている理由は?

「ポタジェというのは、フランス語のポタージュ(混ぜる)が語源で、植物を混植した菜園のことです。中世の修道院から始まったと言われています」(藤井さん、以下同)。一般的なガーデンとの違いについても聞いてみました。

「ポタジェでは、野菜、ハーブ、花、果樹などいろいろな植物を混ぜて植えます。野菜だけを育てる畑や花だけを育てるガーデニングとは異なり、多品目の植物を組み合わせることで、土壌が豊かになり、病害虫を防ぐことができるんです。見栄えもいいので、新しい家庭菜園のスタイルとして近年注目されています」

日本で取り上げられ始めたのは、4、5年前。オーガニックへの関心の高まりもあり、最近はテレビや雑誌でも「ポタジェ」という言葉が使われるようになってきました。

藤井さんは15年前、所有する100m2の土地で、野菜やハーブの栽培を始めたそうですが、当時は藤井さん自身、「ポタジェ」という言葉を知らなかったそうです。ただ、「人にも環境にも優しい菜園にしたい」と、農学校で農学知識と栽培技法を学び、野菜ソムリエの資格を取りながら試行錯誤をするうちに、自然と「ポタジェガーデン」が完成していったとのこと。今では、ポタジェの講座やワークショップを開くようになり、今年5月には、「Green Finger ポタジェ」という本を出版されています。授業で藤井さんのポタジェを訪れた人は、美しい庭に植えられている植物のほとんどが野菜やハーブであることに驚くと言います。【画像1】すべてポタジェで収穫したもの。トマト、ズッキーニ、インゲン、ミニニンジンなど。農薬は使用せず、肥料もほとんど使っていない(画像提供/藤井純子さん)

【画像1】すべてポタジェで収穫したもの。トマト、ズッキーニ、インゲン、ミニニンジンなど。農薬は使用せず、肥料もほとんど使っていない(画像提供/藤井純子さん)

ポタジェではふたつ以上の異なる植物を混植しますが、病害虫を防いだり、雑草を抑えたり、生育を助け合うなど、お互いにいい影響を与え合う組み合せを「コンパニオンプランツ」と言うそうです。

「野菜は、野の菜って書くでしょう。元々野原にあった食べられる植物を畑に持ってきたのが農業の始まり。畑で一種類を育てるのは無理もあって、農薬や肥料がたくさん必要になります。ポタジェはそれを本来の野原の姿に近づけてあげる感じです。植物を組み合わせて、それぞれの植物が喜ぶ環境をつくってあげます」【画像2】咲き乱れるジャーマンカモミールの花。リンゴのような優しい香りがする(画像提供/藤井純子さん)

【画像2】咲き乱れるジャーマンカモミールの花。リンゴのような優しい香りがする(画像提供/藤井純子さん)

ポタジェの楽しみは、そうして栽培したハーブや野菜を生活のなかに取り入れることだと藤井さんは言います。自分で摘んだミントやカモミールのフレッシュハーブティー、獲れたてのハーブや野菜を使った料理、ラベンダーなどをドライにしたポプリやリース、バスソルトづくりなど……。さまざまな楽しみ方で、暮らしに自然を取り入れることができるそうです。【画像3】カモミールを使ったフレッシュハーブティー。味わいは、ドライのハーブティーより優しくふわっとした香りがある(画像提供/藤井純子さん)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。