体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いまどき、「デキない」とは言いづらい――英文メールの書き方(初級編)

『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西澤さんに「正しい英語学習の方法」についてお話しいただくこのコーナー。第7回目の今回は、「英文メールの書き方(初級編)」についてです。

f:id:fujimine:20170707104142j:plain

多くのビジネスパーソンにとっての鬼門と言える「英文メール」。“デキません”とは言いにくい場面もありますよね。英語が苦手な方であっても、伝わる形で&効率的になんとか書けるようになる翻訳ツールの上手な使い方を、前回に引き続きご紹介します。

前回は、英語は大の苦手なのに、仕事で英文メールを書かなければならなくなった方のために、超初級編「誰でもできる翻訳ツールの使い方」というテーマでお届けしました。以下の3つのポイントをお伝えしましたね。

・1文で一つのことしか言わない

・主語をはっきりさせる

・できる限り言葉を省略しない

翻訳ツールに“丸投げ”してしまうのではなく、日本語をちょっと工夫するだけで、比較的まともな英文が誰でも書けるようになります。今回は、翻訳ツールが通じる英語に訳してくれやすくなるための、さらに3つのポイントをお伝えします。

ポイント1:受け身は極力使わない

英語は、基本的には受動態(受け身)を避ける言語だと思ってください。例えば日本語だと「彼に叩かれた」などのように受け身を使う場面でも、英語では「I was hit by him.」とは言わず、「He hit me.」のように能動態で表現するのが普通です。

ですから、翻訳ツールを使う際には、「(私が)○○された」という日本語は、「△△が(私に)○○した」のように言い換えましょう。

私は、相手からメールを無視されます。

【結果A】I will ignore the mail from the other party.

【結果B】I ignore a mail from a partner.

相手が私のメールを無視します。

【結果A】The other party ignores my mail.

【結果B】A partner ignores my mail.

上の例は、前回の記事で誤訳をされてしまったものですが、受動態ではなく能動態に言い換えることで、通じやすそうな英文になりました。

車でお客さんのところに連れていかれました。

【結果A】I brought him to the customer by car.

【結果B】You brought you there at the guest by car.

彼は車で私をお客さんのところに連れて行きました。

【結果A】He took me to the customer by car.

【結果B】He brought me there at the guest by car.

さて、英語ではどういう場合に受動態を使うのでしょうか?

基本的には、行為者、つまり「誰がする/したか」を曖昧(あいまい)にしておきたい、もしくは行為者が分からない時だとお考えください。

ポイント2:日本的な言葉遣いに注意する

ビジネスでは「できない」という言葉が避けられる傾向があります。その代わりに使われるのが「難しい」「○○しかねる」といった表現です。

まず、英語で「it’s difficult……」と伝えても、難易度は高いが実現可能という意味に取られてしまいます。できないことは「できない」とはっきりと表現する必要があります。

その仕様を実現するのは難しいかと存じます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。