ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【豚骨ラーメン】噂の「トッピングかけ放題」でごっつい肉盛ラーメン作ってみた【食べ放題】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_IB:20170601005307j:plain

結婚して7年たって体重は15キロ増加し、3ケタの大台を絶賛継続中のメシ通レポーターのハガです。

嫁には詐欺だなんだと言われていますが、気にせず今日も脂身補給しましょう!

LOVEポーク!

そんな筆者が、食べ放題の豚骨ラーメン店があるという噂を聞きつけ、やってきたのは東京・浅草。

f:id:Meshi2_IB:20170601005209j:plain

その名も「拉麺ビュッフェBUTA

元々は久留米ラーメンをウリにした、しごく真っ当な豚骨ラーメン店。しかし、客入りが伸び悩んでいたこともあってか、一念発起。

「やらない勇気よりやる勇気」ということで、今年3月、食べ放題店へリニューアルオープンしたとのこと。

気になるシステムは、30分で男性・1,050円、女性・980円、子供520円。

ラーメンに加え、トッピングにサラダ、ご飯、デザートが食べ放題。

f:id:Meshi2_IB:20170601005214j:plain f:id:Meshi2_IB:20170601005233j:plain

まずは店内入り口のトッピングコーナーからお好みのトッピングを選択。

ではいざ実食!

f:id:Meshi2_IB:20170601005242j:plain

三度の飯より味玉好きの筆者としては、一度はやってみたかったのがこちら……。

f:id:Meshi2_IB:20170601005303j:plain

味玉ラーメン(入れすぎ)。

f:id:Meshi2_IB:20170601005312j:plain

味玉ドッサリ!

食べても食べても減らない夢の味玉尽くしを堪能できます。食べ放題だからと言って、味に手抜きはありません。黄身までしっかりと味がついています。

f:id:Meshi2_IB:20170601005317j:plain

プリン体なんか気にしないで食べましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170601005249j:plain

30分という時間制限もあるため、味玉の余韻に浸っている暇はありません。

1杯あたりの麺は、約60gということで少なめ。なので、ガンガンおかわりしましょう。

f:id:Meshi2_IB:20170601005219j:plain

おすすめのトッピングが紹介された店内ポスター。

f:id:Meshi2_IB:20170601005253j:plain

店内ポスターに「まずはこの一杯を!」と掲げられていた、のり、チャーシュー、万能ねぎ、キクラゲ、メンマのトッピングを2杯目にチョイス。

f:id:Meshi2_IB:20170601005307j:plain

紅しょうがを乗せれば、これぞ豚骨ラーメン王道の一杯。

f:id:Meshi2_IB:20170601005321j:plain

麺の硬さも選べます。個人的にはバリカタ一択。

店主いわく、食べ放題店になるリニューアル前からスープを変えていないということで、コクと深みのあるこってりとした豚骨スープが味わえるのも魅力のひとつ。

f:id:Meshi2_IB:20170601005325j:plain

3杯目は肉のみトッピングで究極の一杯を作りましょう。

左奥からピリ辛ホルモン、豚バラすき焼き煮、豚の角煮。

手前がチャーシュー。

f:id:Meshi2_IB:20170601005331j:plain

どうです、この肉肉しさ!

「肉盛ラーメン」と名付けてしまいましょう!

トッピング一番人気の豚の角煮は、口の中でとろける脂身がクセになりそう。

こんな夢のトッピングができるのが食べ放題のよいところ。

f:id:Meshi2_IB:20170601005223j:plain

刻みチャーシューが散りばめられた肉飯に豚の角煮をのせ、

f:id:Meshi2_IB:20170601005335j:plain

豚の角煮飯も完成!

f:id:Meshi2_IB:20170601005344j:plain

先ほどの肉盛ラーメンにネギをトッピングすれば、もう脳汁でまくり。

紅しょうがと辛子高菜も入れればテンションマックス!

f:id:Meshi2_IB:20170601005137j:plain

しかし…。この辺りから様子がおかしくなってきます…。

f:id:Meshi2_IB:20170601005142j:plain

箸が……進まない。

肉盛ラーメン&豚の角煮飯の胃に与えるインパクトは、破壊力抜群。

f:id:Meshi2_IB:20170601005153j:plain

そして30分経過。あっという間にタイムアップ……。

結果、「ラーメン3杯+豚の角煮飯1杯+お口直しのデザート」という結果に終わりました。

2017年5月現在の替え玉レコード記録は21杯、とのことなので遠く及ばず、またお客さん平均5、6杯にも追いつかない散々たる結果となりました。

ええ、完全にトッピングのせすぎです。

最後に同行したアシスタント女子(20代)がトッピングした、女子っぽいラーメンをご紹介。

f:id:Meshi2_IB:20170601005149j:plain

メンマ、ナムル、サラダのあっさり豚骨ラーメン。

これならたくさん、食べられそう……。

そんなわけで、自分だけのオリジナル豚骨ラーメンを叶えるには、とっても良いお店だと思います!

浅草へお立ち寄りの際は是非! LOVEポーク!

お店情報

拉麺ビュッフェBUTA

住所:東京都台東区浅草2-11-7 森口ビル1F

TEL: 03-5828-0055

営業時間:11:30~22:00(LO 21:30)

定休日:水曜日(水曜日が休日の場合は翌日休み)

※この記事は2017年6月の情報です。

※金額はすべて税込みです。

書いた人:ハガユウスケ

ブックバーガーロゴ甘党無宿メンバー。コンテンツ制作会社・株式会社ブックバーガー代表取締役。紙、ウェブ媒体問わずにふるさと納税メディアのコンテンツ制作を手掛ける人。 公式サイト:株式会社ブックバーガー

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【徹底検証】噂の新食材「ホンビノス貝」は本当にうまいのか
【利き酒】この夏、冷酒で飲んだら最高すぎる日本酒7選【美人ママさんハシゴ酒】
【月間人気記事ランキング】2017年6月~「幻のスイーツ」や「無限レシピ」などが話題に

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。