ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“新旧ブレードランナー”共演の場面写真初公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“新旧ブレードランナー”共演の場面写真初公開

 ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリングが出演する映画『ブレードランナー 2049』の場面写真が初めて公開された。

 SF映画の名作として知られる『ブレードランナー』が1982年に公開されてから35年。その続編となる『ブレードランナー 2049』は、オリジナル作品の舞台であった2019年から30年後の2049年の世界が描かれている。前作では、まるで人間とは 見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”リック・デッカードをハリソン・フォードが演じていたが、今回新たにライアン・ゴズリングが現役捜査官としてブレードランナー“K” を演じる。

 これまでポスタービジュアルや場面写真では、一切2ショットが公開されてこなかった新旧ブレードランナーだが、1982年のオリジナル作品が公開された7月10日を記念して場面写真が初解禁。写真では、ハリソン演じるデッカードが、ゴズリング演じる“K”に対し今にも殴りかかるかのような凄みを魅せる緊迫した場面が切り取られている。

 また、ライアン・ゴズリングは今回の共演について「ハリソン・フォードがセットに居なくても、常にそこに居るかのような存在感を感じたよ。ヴィルヌーヴ監督がチームに向かって時々“ハリソンがそこに座っているとしよう。彼は満足するかな?” って」とハリソンの圧倒的な存在感とブレードランナーを演じるプレッシャーを語った。一方、ハリソン・フォードはゴズリングについて「彼は生まれながらの感情的知性を持っていて、彼と仕事ができるのは喜びだった。ライアン、そしてヴィルヌーヴ監督と仕事をして、とても満足のいく経験ができたよ」と、2人の才能を絶賛している。なお、『ブレードランナー 2049』は2017年10月27日より全国ロードショー。

◎公開情報
『ブレードランナー 2049』
2017年10月27日(金)より全国ロードショー
製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、 カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ ほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

関連記事リンク(外部サイト)

T・マリック監督最新作からライアン・ゴズリングxリッキ・リーのデュエット映像解禁
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ワールド・プレミア、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、ジョージ・ルーカス監督らも登場
シリーズ最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』のレッドカーペット・イベントに5組10名様をご招待

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。