ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ホテルのバーで渋谷の夜景と楽しむ“風薫るモヒート”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


清涼感たっぷりのカクテルで、夏の宵を思う存分満喫してみない?


東京・渋谷にある「セルリアンタワー東急ホテル」のタワーズバー「ベロビスト」(40F)では、7月のオリジナルカクテルとして「風薫るモヒートセレクション 2017」を発売中。

フレーバーは「ブリリアント モヒート」「スパイスド モヒート」「モヒート エスタ ノーチェ」の3種類で、価格は各2257円(税・サ料込)。


「ブリリアント モヒート」は、柑橘に爽やかなシトラスフレーバーラム「バカルディ リモン」を組み合わせた軽やかなカクテル。


「モヒート エスタ ノーチェ」は、プレミアムダークラム「バカルディ8」で仕上げたコクと深みのある一杯。


「スパイスド モヒート」は、ホワイトラムにスライスしたライム、ミント、シナモンの香りを閉じ込め、芳醇なスパイスドラム「バカルディ オークハート」をフロート。スパイスの風味を感じる香り高い逸品だ。

モヒートの発祥は、年間を通して平均気温が25度である熱帯地域、キューバ共和国のハバナ。そのため、涼しく過ごすために適したドリンクとも言われているのだそう。

今回販売されているモヒートは、「ベロビスト」のバーテンダーが「ホテルのバーで“涼”を感じてもらいたい」という想いを込めて、フルーツやスパイスをアクセントに加えて考案したもの。

ライムやミントをマドラーで潰しながら飲み進めている人が多いことから、“遊びの余白”をグラスに閉じ込めた、オリジナルレシピで作成。

例えばミントは叩いて香りを引き出し、ライムは潰しやすいように芯を取り3割ほど残すイメージで搾り、クラッシュアイスは多めに投入。

仕上げにソーダをフロートすることで、ソーダフロートとしても美味しく、混ぜ合わせても美味しく楽しめるのだとか。販売期間は7月1日(土)~31日(月)。


新宿副都心、神宮、東京タワー、そして富士山までのドラマティックな景色が目の前に広がる40Fのバーは、薄暮に包まれる夕刻から夜にかけての時間が特におススメ。

“涼”を感じるモヒートを片手に、オトナにふさわしい上質な時間を過ごしてみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。