体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内最大級の室内スケートパーク『SKiP FACTORY』1周年イベントを開催!

7月9日、埼玉県所沢市にある「SKiP FACTORY」にて1周年イベントが開催された。3クラスに分かれたスケートボードコンテストとパーティが盛大に行われ、会場にはプロ・アマ問わず多くのスケートボーダーが駆けつけた。

 

SKiP FACTORYは、昨年7月3日にオープンした国内最大級の室内スケートパーク。滑っているだけで気持ちの良いコンクリートの路面や、初心者から上級者まで楽しめるセクションが特徴だ。

 TRANSWORLD SKATEboarding JAPAN 2016-08-15 発売号 P59
Fujisan.co.jpより

 

コンテストはビギナー・オープン・エキスパートの3クラスに分かれて開催され、夕方からのパーティではパーク1周年をたくさんのスケートボーダーが祝い、会場は大盛り上がりとなった。

 

ビギナークラス

 

ビギナークラスはキッズスケーター達によるJAMセッションによって争われ、次世代のスターたちの共演に見ている親御さんたちも大きな盛り上がりを見せた。

 

オープンクラス

 

オープンクラスもビギナークラス同様JAMセッションによって争われ、気温30度を超える暑さの中、まさに熱戦が繰り広げられた。

 

エキスパートクラス

※ プロスケーター立本和樹氏による『フロントサイド180ノーズグラインド』(惜しくもメイク出来なかったが、大会唯一の40歳オーバーの果敢な滑りに会場も大盛り上がりとなった)

 

エキスパートクラスは1人持ち時間1分で争われ、なんと優勝賞金は10万円!ハイスキルなトリックの連発にジャッジも順位に頭を悩ませていた。

 

 

ビギナークラス入賞者

1位 オヌマ コウタ

2位 ホシノ トア

3位 セガワ リョウナ

4位 セガワ セイナ

 

オープンクラス入賞者

1位 サワダ リオ

2位 スエマツ アラシ

3位 ワタナベ セナ

4位 サイトウ ジョウタロウ

5位 スズキ ルカ

6位 ナカノ コタロウ

 

エキスパートクラス入賞者

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。