ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

国内最大級の室内スケートパーク『SKiP FACTORY』1周年イベントを開催!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

7月9日、埼玉県所沢市にある「SKiP FACTORY」にて1周年イベントが開催された。3クラスに分かれたスケートボードコンテストとパーティが盛大に行われ、会場にはプロ・アマ問わず多くのスケートボーダーが駆けつけた。

 

SKiP FACTORYは、昨年7月3日にオープンした国内最大級の室内スケートパーク。滑っているだけで気持ちの良いコンクリートの路面や、初心者から上級者まで楽しめるセクションが特徴だ。

 TRANSWORLD SKATEboarding JAPAN 2016-08-15 発売号 P59
Fujisan.co.jpより

 

コンテストはビギナー・オープン・エキスパートの3クラスに分かれて開催され、夕方からのパーティではパーク1周年をたくさんのスケートボーダーが祝い、会場は大盛り上がりとなった。

 

ビギナークラス

 

ビギナークラスはキッズスケーター達によるJAMセッションによって争われ、次世代のスターたちの共演に見ている親御さんたちも大きな盛り上がりを見せた。

 

オープンクラス

 

オープンクラスもビギナークラス同様JAMセッションによって争われ、気温30度を超える暑さの中、まさに熱戦が繰り広げられた。

 

エキスパートクラス

※ プロスケーター立本和樹氏による『フロントサイド180ノーズグラインド』(惜しくもメイク出来なかったが、大会唯一の40歳オーバーの果敢な滑りに会場も大盛り上がりとなった)

 

エキスパートクラスは1人持ち時間1分で争われ、なんと優勝賞金は10万円!ハイスキルなトリックの連発にジャッジも順位に頭を悩ませていた。

 

 

ビギナークラス入賞者

1位 オヌマ コウタ

2位 ホシノ トア

3位 セガワ リョウナ

4位 セガワ セイナ

 

オープンクラス入賞者

1位 サワダ リオ

2位 スエマツ アラシ

3位 ワタナベ セナ

4位 サイトウ ジョウタロウ

5位 スズキ ルカ

6位 ナカノ コタロウ

 

エキスパートクラス入賞者

1位 トクラ タイホウ

2位 ウラノ ケント

3位 イヌカワ クウタ

4位 ホンゴウ シンタロウ

5位 ワタナベ ユウト

6位 ネツケ カイリ

 

SKiP FACTORYオーナー・輪島賞


フジカワ シュウザブロウ

 

大盛り上がりのパーティ!

 

夕方からのパーティは多くのスケーターや親御さんによって大盛り上がり!キッズはプールで大はしゃぎし、大人はいたる所で何度も乾杯し、滑りたい人はパーク内をスケートし、参加者全員が楽しんでいた。

 

スケーターに愛されるスケートパーク

 

オープンから1年で多くのスケートボーダーに愛されるパークとなったSKiP FACTORY。これからも2年、3年とパークの歴史が刻まれていくのを、きっとさらに多くのスケーターが見届けていくだろう。

 

2020年東京オリンピックの競技になったスケートボードは今、様々な変化の時期にさしかかっているが、SKiP FACTORYのようにスケーターに熱い情熱を注ぎ続けるパークである限り、今後もたくさんのスケーターに愛され続けていくだろう。

 

Photo by Noriyuki Watabe SKiP FACTORY(http://skipfactory.net)

筆者・小嶋 勝美 スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。 約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

 

関連記事リンク(外部サイト)

日本初開催World Cup Skateboarding!注目の瀬尻・堀米・池田インタビュー
日本人スケーター大躍進!「PHX AM 2017」にて堀米雄斗が2位!池田大亮が8位の快挙!
スケートボードに関連したギネス世界記録は一体いくつある??調べてみたら、驚きの数字が明らかに!
「GAME OF S.K.A.T.E.LIVE」日本代表「Trinity B3 PARK」優勝!イベントを行う本当の目的とは?
スケートボードを軸とした“The Session Shibuya2016” 開催!

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。