ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

革と触れ合う“大人の自由研究”、本格クラフトキット

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

職人の丁寧な手仕事による鞄づくりを続ける土屋鞄製造所が、大切にしている“ものづくり”への思いをたくさん人に感じてもらいたいという気持ちを込めて、初めて工作キット「レザークラフトキット ツールBOX」を発売。

“大人の自由研究”をテーマに、7月8日(土)から店舗、7月10日(月)からオンラインショップにて販売する。

また、このクラフトキットを使ってものづくりを体験できるワークショップを7月15日(土)~8月27日(日)の土日祝限定で、土屋鞄製造所 白金店、鎌倉店、京都店、軽井澤工房店の4店舗にて順次開催する。

材料と工具、作り方の説明書が同梱された土屋鞄オリジナルのレザークラフトキット。

革に穴をあけて手縫いをするなど、レザークラフトの基本工程が盛り込まれた本格仕様で、職人気分が味わえる中級者向けの作り応えのあるキットになっている。

このキットでつくるのは、大きめの文房具を入れたり、充電コードなどをまとめたり、好きな使い方を楽しめる道具箱。容量を調整できるベルトが鞄の面影を感じさせる、シンプルなフォルム。ヌメ革を生成り色の糸で縫い上げ、アンティークゴールドの金具をあしらえば、自分だけのツールBOXが完成する。

落ち着いた雰囲気のチョコカラーで、男女問わず愛用可能。底マチが幅広く容量たっぷり。プレゼントにも最適なオリジナルパッケージで、ものづくり好きな人への贈りものにもぴったりだ。

今回、製品開発にあたって、20代のバッグデザイナーと70代の職人がタッグを組んだ。若いデザイナーの遊び心を支える、ベテランの熟練した技術力。お互いに刺激しあってアイデア出しと試作を繰り返し、“ものづくり”の達成感と楽しさを存分に味わえる製品が生まれた。

そして、毎夏人気のものづくりワークショップを、今年はバージョンアップして開催。新製品「レザークラフトキット ツールBOX」を使い、ベルト部分のカスタマイズ(予約時に2種類のベルトデザインから作りたいデザインを選択可能)やアルファベット刻印を行う。



カップルや友達同士の夏のお出かけにおすすめの、大人のためのものづくりワークショップは、7月8日(土)から開催4店舗にて予約受付開始する[※ベルト付け替えのみのワークショップとなり、本体の制作は含まない]。参加費は1回1万3000円(レザークラフトキット購入費1万2000円+参加費1000円)。詳細は特設サイトでご確認を。

作る楽しみと、使う楽しみ。この夏の思い出に、革と触れ合う“大人の自由研究”に挑戦してみてはいかがだろうか。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。