体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【祝・世界遺産、逆転一括登録!】沖ノ島ってどんな島?一般人立入禁止の「神宿る」島の“今”を紹介!<後編>

三宮合わせて宗像大社

前編の冒頭でも述べたが、そもそも宗像大社とは

・沖ノ島の田心姫神(たごりひめのかみ)を祀っている沖津宮

・大島の湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀っている中津宮

・九州本土の市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)を祀っている辺津宮

の三宮を合わせた神社の総称である。このため、宗像大社や宗像市・福岡県らは15年間、この三宮と沖ノ島の鳥居の役割を果たしている小屋島、御門柱、天狗岩の3つの岩礁、さらに信仰を支えた宗像族の墓とされる新原・奴山古墳群を合わせた計8資産を「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として世界遺産への一括登録を目指して活動してきた。しかしユネスコの諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)は今年5月、沖ノ島と3つの岩礁以外の構成資産には世界遺産としての価値はないと判断、それらを除外して登録するよう勧告した。通常、その勧告通りに登録されることが多いため、一時は4資産のみの登録になるかと危ぶまれたが、文化庁や福岡県、宗像市、宗像大社は「そもそも宗像大社は3宮の総称。考古学としての価値と信仰の価値は不可分で、すべての構成要素がそろわないと世界遺産としての意味・価値はない」と、8資産の一括登録を目指し、PR活動を開始。登録の審議が行われるポーランドの会場でもギリギリまで懸命に決定権をもつ委員国の説得に当たった。その甲斐あって、8資産すべての逆転一括登録が実現したのだ。以下、2つの神社も紹介しよう。f:id:k_kushida:20170707150610j:plain

▲福岡県宗像市の海岸から釣川をおよそ3km内陸部へ遡ったところに鎮座する宗像大社総社・辺津宮。 広大な神苑には本殿(写真)を中心に儀式殿、高宮祭場、第二宮・第三宮、神宝館、祈願殿などが点在している

f:id:k_kushida:20170707150923j:plain

▲市杵島姫神を祀っている辺津宮の本殿

f:id:k_kushida:20170707151022j:plain

▲宗像大神降臨の地と伝えられる高宮祭場は沖ノ島と並び宗像大社境内で最も神聖な場所の1つ。

ここで古代祭祀が行われていた

f:id:k_kushida:20170707151108j:plain

▲宗像本土から11キロの沖合に浮かぶ大島に鎮座する中津宮。海を隔て、辺津宮と向かいあっている。

島の北側には沖津宮遥拝所があり、晴天時には沖ノ島を拝することができる

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。