ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

暑い熱い1日!モンストでお馴染みのXFLAGイベントに、バイきんぐ登場で新作タッグバトル!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 

なんて日だ!!

 

と叫びたくなるような暑さとなった7月9日。幕張メッセで熱〜いイベントが開催されました。2013年にリリースされ、今や世界累計利用者数が4,000万人以上を超える人気ゲームアプリ「モンスターストライク」。このアプリを手がけるXFLAG™スタジオが実施したエンターテイメントショー、「XFLAG PARK2017」です。

 

 

言わずと知れた引っ張りハンティングアクションRPG“モンスト”は幅広い層から支持を集めており、会場には男性ファンだけでなく、若い女性グループや親子連れ、外国人、コスプレイヤーなどで賑わっていました。当然皆さん、携帯充電器を付けてプレイしています。

 

EXCITING STAGEで行われたのは「タッグでやろうぜ!ファイトリーグ!〜中の人革命や!執念の下克上SP!〜」。オープニングライブを飾ったのは、津軽三味線の兄弟奏者、吉田兄弟です。新作ゲーム、「ファイトリーグ」の疾走感溢れるテーマソングをセッションし、会場は大盛り上がりでした。

 

 

吉田兄弟のライヴ後、MCとして登場したのが、バイきんぐの小峠英二さんです。また、相方の西村瑞樹さんはプレイヤーとして参加。XFLAGの“中の人”アシダJrさんとタッグを組み、熱いバトルを繰り広げたのです。

 

西村がファイトリーグ日本一のプレイヤー!?

ファイトリーグの説明をするアシダJrさん(中央)

 

「ファイトリーグ」は友人と二人一組でタッグを組み、先に敵のリーダーを倒した方が勝ち。仲間に攻撃を繫いでチェインを出せるかが勝敗のカギとなります。

 

まずはデモプレイ。「ファイトリーグは日本で一番強い」と豪語する、自称日本一の西村さん。共ににプレイする“中の人”アシダJrさんは「数ある芸人さんの中で西村さんが一番好き。今日はとても嬉しい」と述べ、小峠さんから「だいぶイカれてんな」とツッこまれていました。

 

懸命に解説する小峠さんをよそに、西村さんはゲームに夢中。大ダメージを相手に与え「よっしゃー!!」とガッツポーズが飛び出します。「戦略的で、キャラクターも可愛い。のめり込む要素がいくつもある」と西村さん。

 

舞台が暗転したのはその時でした。

 

先輩女子プレイヤーに小峠のツッコミ炸裂

 

現れたのは仮面を付けた女性2人組、「さなぱっちょさん」と「さしみさん」です。彼女らはXFLAG”中の人”。アシダJrさんの先輩です。2人は「私たちに勝ったら、“中の人”として認めてあげるわ」と勝負を持ちかけます。西村さんは、巻き込まれる形で下克上マッチに参戦するのです。

 

アシダJrさんと対峙するさなぱっちょさんさんとさしみさん

 

「ファイブ、フォー、スリー、ツー、ワン!!」と、会場一体のカウントダウンとともに戦いの火蓋は切って落とされました。

 

先行のアシダJr&西村チーム。最初のターンでアシダJrさんが痛恨の配置ミス。解説のバイソンおおたさんは「えー!?」と失望の声。しかし、ここをしっかりフォローしたのが西村さん。一進一退の攻防が続きます。

 

最終局面。お互い、1ゲームに一度だけ使える必殺技「ファイティングバースト」を繰り出します。一瞬のスキをついた西村さんのモンスターが相手リーダーに攻撃。爽快なチェイン攻撃で一気にダメージを与え、大逆転勝利です!「うぉー、気持ちいい〜!!」と雄叫びを上げ、アシダJrさんと西村さんはハイタッチを交わしました。

 

 

終始余裕の笑みを浮かべていたさなぱっちょさんとさしみさん。「全然わかんな〜い」との敗戦の弁に、小峠さんは「ヘラヘラしてるからだよ!」とピシャリ。

 

ともあれ、アシダJrさんは“中の人”として認められ、ユーザーには後日ファイトマネーがプレゼントされることになりました。

 

7月8日、9日と2日間に渡り開催された「XFLAG PARK2017」。最終日のこの日は、とにかく暑い熱い時間でした。モンストタオルを首に巻いた人や、イベントバッグを肩にかけた人をかき分けて、私は京葉線の中で「ファイトリーグ」をダウンロードするのでした。電撃ゲームアプリ
Fujisan.co.jpより

関連記事リンク(外部サイト)

音楽の力で社会貢献「RockCorps supported by JT 2017」今年は渋谷でボランティア始動!
ストリートカルチャーの祭典【Street Games】が大盛況!
「大人からの絵本」がブームの兆し!?
ペットにまみれる写真展!【CP+2017】とマガジンハウスムックがコラボ!
世界最大級のカスタムカーの祭典!東京オートサロン2016

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。