ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

U2、ロンドン公演でノエル・ギャラガーと「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」を披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
U2、ロンドン公演でノエル・ギャラガーと「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」を披露

 【ヨシュア・トゥリー・ツアー2017】でヨーロッパを訪れているU2が、2017年7月8日のロンドン公演でノエル・ギャラガーとオアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」を披露した。ノエルのバンド、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズは、U2のヨーロッパ日程のオープニング・アクトを務めている。

 ボノは演奏を始める前に、「これをUKのどこか別の場所へ連れて行ってくれますように」と紹介した。5月にアリアナ・グランデが公演を行った英マンチェスターのコンサート会場で自爆テロ事件が起きたが、その後に開かれた追悼式典で自然発生的に歌われた「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」(意味は「怒りながら振り返るな」)は、イギリス国民にとって希望のスローガンになっている。ノエルは、「マンチェスター、グレンフェル・タワー、ロンドン・ブリッジ」と最後に言い、相次ぐテロや火災などで犠牲になった多くの人々に曲を捧げた。

 一方、弟のリアム・ギャラガーは、6月末の【グラストンベリー・フェスティバル】で「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」をアカペラで披露して観客を驚かせた。6月4日に開催されたアリアナ主催の支援コンサート【One Love Manchester(ワン・ラヴ・マンチェスター)】にサプライズで登場し、オアシスの曲「リヴ・フォーエヴァー」を歌った彼は、その翌日にノエルが参加しなかったことへの怒りをツイートしていた。7月に入ってからU2をTwitterでディスっていたものの、兄とU2のパフォーマンスについては今のところコメントしていない。【One Love Manchester】ではコールドプレイがアリアナと「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」を披露している。

◎ファンによる映像
https://youtu.be/Vm4iP36Jb_E

関連記事リンク(外部サイト)

U2【ヨシュア・トゥリー・ツアー2017】、スタートから10公演の収益が約69億円に
ケンドリック・ラマー、4/14発売の新作『DAMN.』にU2とリアーナが参加
U2『ヨシュア・トゥリー』30周年記念盤にはライブ音源/レア音源/未公開写真など収録

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。